09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『銀色のスポットライト』ダイアナ・パーマー

◆『銀色のスポットライト』ダイアナ・パーマー(ハーレクイン)
 人気ロック歌手のアマンダは、ある事故がきっかけでステージで歌えなくなった。ワイオミングにある叔母の友人のコテージで静養することになるが、隣人の牧場主クインは女性嫌いらしく愛想もない。だかある日、彼の12歳の息子がコテージへやってくる。父親が病気になったと言うのだ。("Sutton's Way" by Diana Palmer, 1989)
・〈テキサスの恋〉シリーズ第4作



 今気づいたけど、短編『ポピーの幸せ』は関連作なのですね! バンドメンバーのハンクのお話。この作品にも出てきます。
 それから、やはり声が出なくなった歌手の話、ダイアナであったなあ、と思ったら『純真な歌姫』でした。これもこの作品のヒロイン・アマンダも純真な歌姫です。
 ヒーローのクインがけっこうかわいそうな人だった。息子は、実は妻が二股のまま結婚して生まれた子供。彼の本当の子供ではないのですが、妻は浮気相手と遊び回っている時に事故で死亡してしまい、以来一人で育てている。牧場が危機的状況になったりもして生活は苦しいけど、息子と家のことをやってくれる老人と三人でつましく暮らしている。
 かなり若くて何もわからないまま、托卵相手とした狙われてしまった、という人なのです。しかも結局白い結婚だったので、今回のヒーローとヒロインは両方純真なままです。
 ヒロインのアマンダも、子供時代は施設で育ち、今はロック歌手として売れているけれど、本当は暖かい家庭を築きたい、と思っている地道な人。停電をきっかけにクインの家に避難して、次第に惹かれていくが、彼は(無理もないけど)女性が嫌い、そしてロックも嫌いという人で、アマンダはなかなか本当の職業が打ち明けられない。
 後半、彼女がステージで歌っている姿を見たクインは、会うことを拒否して別れを切り出すのですが、

「まーたしょーもないプライドを傷つけられて怒ってるんかよ┐(´д`)┌ヤレヤレ」

 と思ったらそうではなかった。

「俺とは住む世界が違う(´・ω・`)」

 という理由でした。似たようなものかもしれないけど、怒りよりもかわいそうが先に立った。彼の自信を木っ端微塵にした前妻ヒドイ(# ゚Д゚)! と思いました。
 そのあと、アマンダの乗った飛行機が事故に遭い、クインが山中をスキーで探しに行くことに──というのがクライマックスです。
 私にしてはヒーローに同情的な展開になりましたが、クライマックスに緊張感が欠け、先が見え見えなのが惜しい。事故とか持ってくるのは、わかりやすいけど、「他にアイデアが浮かばなかった」みたいなやっつけ感も漂うんだよね……。
 あとまた全然関係ないけど、タイトルを読む時、無意識に「銀色のスポッ(しばらく息を止める)トライト」とやっているのに気づいて、「ああ、私って昭和な女ね(´ω`;)」と思いました。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ シリーズ

書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!のご案内

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫