12
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

▽『ワニの町へ来たスパイ』ジャナ・デリオン

▽『ワニの町へ来たスパイ』ジャナ・デリオン(創元推理文庫)
 任務でヘマをやらかし、命を狙われる羽目におちいったCIA秘密工作員のレディング──フォーチュンは、CIA長官の姪のふりをしてルイジアナ州シンフルという田舎町に夏の間滞在することになる。「図書館司書で元ミスコンの女王、編み物が趣味」という自分とかけ離れた人物になりきれるかも不安なのに、到着早々事件に巻き込まれる。しかもこの町は、保安官よりも〈シンフル・レディース・ソサエティ〉という年配の女性たちが仕切っているという話で──。("Louisiana Longshot" by Jana DeLeon, 2012)
・〈ミス・フォーチュン・ミステリ〉シリーズ第1作



 面白いとの評判を聞き、発売してすぐにKindleで買ったけど、ようやく読み終わった。
 つまらないからではなく、ほんとに集中力がないのですよ(´・ω・`)。あとKindle本は主に一人で出かけた時に読むのです。出かけてない……orz 春だというのに。花粉症でもないのに(つД`)。
 まあ、それは仕方のないことだし、作品自体は面白いのでよしとしよう。
 タイトルはもちろんジョン・ル・カレの『寒い国から帰ってきたスパイ』(読み直したくなったな!)のもじりで、主人公フォーチュンもCIAのスパイです。シリアスものではなく、やはりコメディ。スパイものは今、コメディが熱い!
 フォーチュンがなりすましているサンディ=スーは、住人よりバイユー(川)に住むワニの方が多そうなシンフルに住んでいた亡き大叔母マージの家を相続したので、そこを整理するためにやってきたという設定です。田舎でおとなしく隠れてろ、と言われたのに、さっそくマージの飼い犬が人骨を拾ってきてしまう。その時居合わせたのが、マージも会員だった〈シンフル・レディース・ソサエティ〉の一員であるガーティ。同じく会員であるアイダ・ベルとともにフォーチュンを振り回しまくる。
 人骨は、マージたちの友だちであるマリーの夫ハーヴィのもので、行方をくらましたマリーが当然疑われる。ガーティたちはそれをなんとかしようとするのですよね。
 フォーチュンは一応「図書館司書で元ミスコンの女王、編み物が趣味」という女性を演じようとしているんだけど、全然うまくいかないというか、要所要所で逸脱してしまうところがおかしかった。

「教会のあと、カフェでバナナプディングを食べたいんだけど、カトリック教会の信者にいつも先を越されてしまう。あんた若いから、走れるでしょ?」

 と言われて、はりきってしまう。「足遅いんですぅ」とか言わない。本好きの女の足が速いわけねえだろ(゚Д゚)!(個人の見解です)少なくとも私は遅いです(司書じゃないけど)。
 とにかく食欲に負けてカフェまでの徒競走に本気を出し、無事にバナナプディングを食べられるんだけど、ここら辺でだんだんフォーチュンが「女ジェイソン・ボーン」に見えてくる。
 つまり、記憶喪失じゃないけど、「無意識に身体が動いてしまう」みたいな感じで行動してしまうのです。これはスパイとしてどうなの(´ω`;)? まあ、こんな感じの人だから、ヘマをやらかしちゃったということなんだろうけど。
 しかしこのフォーチュンのキャラよりも強烈というか、魅力的なのがガーティとアイダ・ベルの二人です。それから亡くなったマージも。
 このおばあちゃん(という雰囲気ではない)たちが、文字どおり暴れ回る。なぜにこう行動力があるのか、というのも読みどころです。
 副保安官がロマンスのヒーローそのものって感じの人だったんだけど、特に絡まず。ひたすら女三人がドタバタ&キャッキャウフフ(たまにワニ)している楽しい作品です。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ロマンス以外 創元推理文庫 ★★★★ シリーズ

No title

この本、超絶面白かったです!!!電車で笑いをこらえるのに無茶苦茶苦労しました(笑)あの覆面してるところを保安官に見つかったとこで!

いつも適切な点数付けと紹介をありがとうございます!

ありがとうございます!

コメントありがとうございます!
楽しかったですよね! 本国ではシリーズ化されてるそうなので、今から続きが待ち遠しいのです(´∀ `)。またあの町が舞台なのか、ずっと別人のふりをするのか、そもそもの問題は解決するのか──いろいろ期待がふくらみますー。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2018年12月 | 01月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ シリーズ 角川文庫 ロマンス以外 ヒストリカル フローラブックス ★★★☆ 創元推理文庫 ★★★★☆ 資料用 コンテンポラリー ★★☆ ハーレクイン(文庫含む) 集英社文庫 ロマンス映画 パラノーマル ★★★ アンソロジー 二見文庫 サスペンス/ミステリ ヴィレッジブックス マグノリアロマンス ★★ 扶桑社ロマンス MIRA文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ 新潮文庫 ライムブックス ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫