Top Page › 読書の感想 › さ行の作家 › ◆『四日間の恋人』ジャネール・デニソン

2018 · 04 · 08 (Sun) 21:41

◆『四日間の恋人』ジャネール・デニソン

◆『四日間の恋人』ジャネール・デニソン(ヴィレッジブックス)
 クロエは、高校時代の初恋の相手、ゲイブと久しぶりに再会し、ポーカー勝負の末、勝った方の望みを叶える、という約束を交わす。ゲイブと別れたあの夜の続きを──と願い、クロエはポーカーに勝つ。今日から四日間、彼は私の望みを叶える恋人になる。("Naughty By Night" by Janelle Denison, 2002)
・アンソロジー『キス・キス・キス 素直になれなくて』

「積ん読のアンソロジーを読んでしまおう祭り」を開催しています。
 これを含めてあと三冊ほど。新刊も買ってあって、そっちも読んでいるのですけれど、だんだんブログを書く時間が……なくなっていく……。
 気長にお待ちください(´ω`;)。

 それはさておき、この短編。つきあう寸前まで行ったけど、ヒーローのゲイブがプロフットボール選手になることを怪我であきらめるしかなく、自分の将来性を悲観してヒロイン・クロエの元から去る、という別れから六年、挫折から立ち直って立派になった彼は、どうしても彼女と結婚したいと思っている。ポーカーで勝ったらプロポーズしようと思っていたら、クロエが勝ってしまった。でも彼女は、休暇が終わったら彼はいなくなると思っていて──というお話です。
 四日の間、HOTではあるのですが、昔できなかったデートをする、という展開になります。いろいろ妄想していた刺激的なデートを全部やる! と意気込むクロエ。それに喜んで従うゲイブ。
 割と好きなのです、「昔できなかったことをやる」というお話って。何年かたってお互いに成長して、昔ならば無理だった関係を作っていくという切ない展開。そう、ポイントは「切ない」というところなのでした。この作品に切なさはなかったな……。ヒーローの視点はなくてもよかったんじゃないか(´ω`;)。普段「あった方がいい!」とか言ってるくせにねえ。でも、わからないからヒロインに感情移入することができる。でも実際にはバレバレなのです。わかってるんだけど、「彼は昔のように私の前から去っていく」みたいな切なさがあってほしかったかなー、と思いました。
 HOTなので、そういうのを求めている人には楽しいのではないでしょうかね。
(★★☆) 

最終更新日 : 2018-04-08

Comments







非公開コメント