07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

□『ピーターラビット』

『ピーターラビット』"Peter Rabbit" 2018(5/18公開)
 イギリスの湖水地方に住むうさぎのピーターは、いとこのベンジャミン、三人の妹たちと一緒に、今日も宿敵マグレガーおじさんの畑から作物を失敬していた。だがある日、おじさんが亡くなり、ロンドンから大甥であるトーマス・マグレガーがやってくる。彼はあろうことかピーターの親友である画家のビアと仲良くなり、うさぎを閉め出そうと電気フェンスまで取りつけてしまう。(監督:ウィル・グラック 出演:ジェームズ・コーデン(声)、ドーナル・グリーソン、ローズ・バーン、サム・ニール、デイジー・リドリー(声)、マーゴット・ロビー(声)他)



 見てきました、某うさぎ映画。
 予告を見た段階で、原作と全然違うことはわかっていました。「ここまで極悪じゃないだろ、ピーターは(´ω`;)」と思うような予告。版権切れてるからってやりたい放題。原作者のビアトリクス・ポターは草葉の陰でどう思っているのか(個人的には割と「いいんじゃね?」と言っていそうな気がするけど)。
 ネットで飛び交っているのは「マッドマックス 怒りの湖水地方」とか「うさぎ版アウトレイジ」とか「うさぎと人間の仁義なき戦い」とか「ガチの殺し合い」とかいう物騒な言葉ばかりで、日本版の詐欺みたいな特報でミスリードさせようとしていた「ピーターラビットとマグレガーとお隣の美女がくり広げる楽しくてロマンティックな物語」というものでは決してない。絶対ない。
 見たのが水曜日レディースデーだったので、たくさんの女性観客の中の何人が詐欺予告にだまされたり、ポターのファンとして踏みにじられた気分になるのか、と気になってしょうがなかったです。(特報以降の予告は割とガチバトルシーンが多くなっていましたが。批判受けて変えたのかも)
 ピーターとしては、マグレガーおじさんはお父さんをパイにした人間ですから、復讐のつもりで作物を荒らしていたわけです。そこへ、若いマグレガーがやってくる。この男がまた畑からは閉め出すは、お隣の優しいビア(お母さんももういない設定なので、母的な存在)とも仲良くし始めて、憎さ百倍。しかしビアはなぜか、ピーターたちは「ただのうさぎ」と認識している。上着着て二足歩行してるんだけどね(´∀ `;)。ピーターとマグレガーは、ビアにバレないように静かに、しかしガチで互いの命を狙い合う。どちらもなかなかえげつない戦い方をします。人間が使うとかなりヤバい卑怯な手をうさぎにやらせる。いいのか!?
 温室でマグレガーとピーターが戦うシーンのメイキングを見たんだけど、モロに『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』の殺人ウサギみたいだった。青いぬいぐるみ抱えてドーナル・グリーソンが「うわーっ!」「ぎゃーっ!」と戦っている。もちろんあとでピーターをCGで加えるんだけど、ホーリー・グレイルではそのままですから(´ω`;)。かわいいウサギが実は残虐な殺人ウサギである、というのは、ホーリー・グレイルのせい(?)でイギリスではギャグとして定番になってるの? そしてホーリー・グレイルと同様、マグレガーもピーターたちを殺すため、爆弾を使う。
 はっきり言って、アクション映画ですから。うさぎはリアルでもふもふで、身体の柔らかさとか表情とか、見ていてとてもかわいいですけど、ほのぼのものではなく、アクションコメディ。そう思って見にいった方がいいし、ピーターラビット好きとか関係なくそういう映画を好む人だっているのに──どうして日本の宣伝は、観客をだまそうとするのか(´ω`;)。
 とはいえ、ちょっと評価は困るところなのです。うさぎたちのかわいさを上乗せして、こんなところかな。原作ではいい子だったフロプシー、モプシー、カトンテールたちがおきゃんでおてんば(死語?)な子たちになっているのもよかった。それぞれマーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)、エリザベス・デビッキ(GoG2のポンコツ女王様)、デイジー・リドリー(スター・ウォーズのレイ)と旬な女優さんたちが当てているのも。絵本読み直して一番おかしかったのは、フロプシーの子供たちがアナグマにさらわれて夫のベンジャミンと兄のピーターが取り戻すって話で、フロプシーがさらわれた原因を作った舅をしばきたおす、というシーンだったんだけど、このフロプシーならそりゃしばくよな、と納得でした。
 ちなみにビアトリクス・ポターの伝記映画『ミス・ポター』も見たことあるんですが、調べたらハーヴェイ・ワインスタインの製作だったと知り、ちと複雑な気分になりました……。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2020年07月 | 08月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー 資料用 ★★★ ★★☆ ★★★☆ ヒストリカル ★★ ★★★★☆ 角川文庫 ロマンス以外 シリーズ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス その他の出版社 サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫