09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『ボヘミアン・ラプソディ』

『ボヘミアン・ラプソディ』"Bohemian Rhapsody" 2018(11/9公開)
 1970年代初頭のロンドン。インド系移民出身の青年ファルーク(フレディ)は、ボーカルが脱退したバンドのギタリストのブライアンとドラマーのロジャーに歌声を披露する。一年後、ベースのジョンが加入し、「クイーン」と名を改めた彼らの自主制作のアルバムがレコード会社の目にとまる。フレディは姓も「マーキュリー」と改名し、クイーンは次第に世界的に知られていくようになる。(監督:ブライアン・シンガー 出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョセフ・マゼロ、マイク・マイヤーズ、他)



 大ヒットしているクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記映画です。フィクションも取り混ぜて仕上げられています。
 私は年代的にはドンピシャなんですが、熱心なファンではなかった。当時のイギリスのバンドで大好きだったのはポリスだったのですよねー。ライヴ・エイドのことも憶えている(中継は見た憶えないなあ)けど、どちらかというとこれの発端になった「バンド・エイド」のチャリティソング “Do They Know It's Christmas?” を買った時の印象が強い。もちろん、フレディがエイズで亡くなった時はとてもショックでした。20年以上たって、今エイズは感染しても発症まで至らず、普通の生活を送れる病気になったというのが感慨深い。
 熱心なファンではなかったけれど、クイーンの曲は好きで、今でもよく聞いています。特に好きなのが “Radio Ga Ga” なので、後半クライマックスのライヴ・エイドシーンでこれが流れた時はうるうるしてしまいました。あと、“The Show Must Go On” がエンドクレジットで流れるのも泣かせる。
 物語は、スターの軌跡話として王道中の王道、はっきり言って展開は平凡なんですけど、主人公のフレディに力があるからこれでいいんだと思う。史実をそのままというわけでもないし、フレディを演じたラミ・マレックなんて顔も体型も全然違う。なのに動きがそっくりで、次第にフレディに見えてくるし。歌はクイーンのをそのまま使っているから、これもまた力があるんだよね。
 だから、ラスト約20分にライヴ・エイドの音源を持ってきてクライマックスにしたのが、この大ヒットにつながったんだと思う。クライマックスっていうか、この場合は曲のサビですよ、サビ! もうなんという魅力的なサビ! これのためにそこまでがあったと言える。これを超えるサビなんて、『エクソシスト』のラスト30分くらいしかないでしょ!? と言うくらいのものですよ。前半全部忘れてもこれを見るため、聞くために来たと。
 私、“I Was Born To Love You” が好きなんだけど、この曲もね、ラストにものすごく好きなところがあって、いつもいつも「そこを聞くために前半聞いてる」とずーっと思っていたんですよ。この映画も同じだなあ、と思いました。けどまあ、好きなそこだけ聞いても本当はダメなんだよね。前半があるから、サビが輝く。
 曲も知らないのはないし、今もずっと聞いているものばかりだったので、その点でもとても楽しめました。私、iTunesで曲を整理する時、星つけて評価をしているんですが(昔は「マイレート」って言ってた)、それによると “Bohemian Rhapsody” の評価は「★★★★」なので、この映画も同じにしておきます(´∀ ` )。(ちなみに “Radio Ga Ga” と “I Was Born To Love You” は★★★★★)
 あ、それから “Killer Queen” と “Somebody To Love”、そして “Bohemian Rhapsody” を聞くと、どうやっても「がんばーれ田淵~」「エービバディわしゃコケたー」「まっちゃんですか〜」と聞こえてしまうという空耳アワーの功罪に改めて戦慄いたしましたよ(´ω`;)。でも、それらも含めて、日本では本当にクイーンは愛されているんだよねー。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

No title

 白様、ボヘミアン・ラプソディのレビュー、お待ちしていました。

 私はひげのないフレディの頃にクイーンが好きでよく聞いていましたが、やはり熱心なファンというわけではありませんでした。 でも、いつでもクイーンの歌は車で流れており、フレディが亡くなった時には生まれていなかった娘も、ファンになっています。
 私たちは地方なので IMAXが近くになく1回行ってみたいのですが、やはり違うんでしょうね。
 今日はレイトショーで初めて応援上映をするので、盛り上がるか分かりませんが、こっそりペンライトをしのばせて行ってこようと思っています。

ボヘミアン・ラプソディ

>しなもんさま
コメントありがとうございます!
IMAXは画面が大きいので、おそらくライヴ・エイドのシーンの臨場感が増すんじゃないかと思います。視界に入り切らないくらいの大きさだと、ほんとにウェンブリーにいるみたいな気分になるかも。私のいつも行くところはほどほどの大きさなので、一番前に座るべきなのかな、と思ったりします(´ω`;)。でもこの映画の場合に大切なのは画面の大きさより「音」というのがもっぱらの評判です。
応援上映いいですね! 私も一度行ってみたいと思いつつ、まだ実現してません。お嬢さんと楽しんできてください!

No title

こんにちは。
すみません、帰省やらなにやらでずっとパソコンを開けてなくて…。

白様、レヴューありがとうございます!!ホント!白様のおっしゃる通り!
そうなんですよ!とにかく最後のライヴが最高でしたよね!!最後のための前半2時間(笑)!もちろん曲作りのシーンもいいんですけどね。
わたし、あれからまた見に行って合計4回も見に行ってしまいました。最近テレビスポットCMも始まったじゃないですか。だから最後の最後でまた見に行こうかと…配給会社の思惑にハマってしまっています(笑)。

年末たくさんレヴュー書かれてたんですね。
ゆっくり読ませていただきますね。
いつも楽しい記事をありがとうございます。お体にお気をつけてこれからもがんばってくださいね。毎回楽しみにしています。

二次創作?

>misakiさま
 コメントありがとうございます!
一部フィクションの史実とはいえ、これはある意味究極の「二次創作」なのかな、と思ったりしました>『ボヘミアン・ラプソディ』 公式自らが手がけた二次創作というべきか(´∀ ` ;)。いや、一次なんですけどー。
作品はメディアミックスされて生き残っていくと言われますし、クイーンとフレディ・マーキュリーは音楽だけでなく、その存在そのものの寿命をこの映画で伸ばしたと言えますね。まあ、ほんとは今も生きててほしかったと思いますが(´・ω・`)。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫