12
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『シークと婚約?』キャロル・グレイス

◆『シークと婚約?』キャロル・グレイス(ハーレクイン)
 小学校教師のアンは、親友の結婚式で出会ったシークのラフィークと一夜を過ごしてしまう。けれどそれは、花粉症の薬が効き過ぎた彼女が眠り込んでしまっただけのことだった。だが、ホテルでの姿を父兄に見られた言い訳のために、彼が婚約者であるとアンは言ってしまう。それは、独身でいたいラフィークの思惑とも一致した。("Taming The Sheik" by Carol Grace,2001)



 私はここ二年くらい、第二次ロマンス小説ブーム(第一次ははたちくらいの頃かな?)なのですが、これはその初期に読んだ作品。ずいぶん印象が変わった気が……いや、私の読み方が変わったのか。こりゃ既読のものも、処分する前に再読しなくてはならないか? そうすれば、ブログで感想を整理できるし──。
 それはさておき、この作品はヒロインがいいです。自分の生活や信条を大切にして、自然体でいる女性。流されちゃうとか、すぐカッとなるとか、そういう人じゃない。ヒーローの誘惑を冷静に、でも手ひどくはねつけます。このはねつけ方はなかなか溜飲が下がる。
 ヒーローは、別にシークじゃなくても全然かまわないなんちゃってシーク。シークものはイマイチ苦手の私でも大丈夫。そして、よくいる「結婚したくない」と明言する男。さらに、自分の言葉に縛られる男。その結果、「愛する人と結婚したい。結婚するまでヴァージンでいたい」と言うヒロインに対してどうしたらいいのかわからなくなる。でも、最後のプロポーズの時には、いいセリフを言います。まったく、他のヒーローたちも、これくらいのことを言えなきゃなあ。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    11月 | 2019年12月 | 01月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ 資料用 ★★★★ サスペンス/ミステリ 創元推理文庫 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆ MIRA文庫 シリーズ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫