11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『あなたにお熱』シャーロット・ラム

◆『あなたにお熱』シャーロット・ラム(ハーレクイン)
 画家のサラは、同じく画家の義兄グレッグと暮らしている。血はつながっていないが、本当の兄妹のように仲がいい。そんなある夜、サラは銀行家のニックと出会った。翌日、彼と偶然再会するが、彼はグレッグとサラが恋人同士だと誤解しているようだ。("Fever" by Charlotte Lamb, 1982)



 私が積ん読の古いものばっかり読んでるからなんですが、原題の「Fever」に「お熱」という訳語を当てることに時代を感じる。「お熱」はもう死語かしらね。今だと「お熱」をどう言い換えるか、と考えても、適切な言葉は浮かばない。「夢中」くらいかなあ。
 それはさておき、内容はすれ違いものです。シャーロット・ラムらしくけっこう淡々としている。初動がダメダメなところもシャーロット・ラムのヒーローっぽい。上流階級のお金持ちで、顔も仕事も素晴らしい男なのに、実はヒロインが初恋、という話です。
 初恋なので初動をしくじるというか、一気に嫉妬にかられて、なんにもスマートにできないヒーローのニック。初恋という自覚がないからだろうけど、自覚があれば「きちんとおつきあいしたい」と告るところから始められる……かな(´ω`;)? そう言ったとしても、「じゃあ義兄と暮らすのはやめて、僕が用意したアパートに」とか言い始めて、ヒロインのサラを激怒させそうです。そういうのハーレは多いし。まあまあ乱暴なのも、時代を感じる。
 あとタイミングも悪い。デート中にグレッグから電話がかかってきて、サラは帰ってしまうのですが、それは闘病中の友人が亡くなったから。彼の奥さんを支えるために帰るのです。その友人のことはニックは知らないわけだし、ちょっと言いにくいことではある。そして、ニックはまた誤解してしまう。
 次第にサラは、「きっと縁がないんだわ(´・ω・`)」みたいなあきらめムードになっていく。銀行家は上流社会の一員だし、自分のような売れない画家ではつりあわないだろう、とも思っている。その気後れを隠すためなのか、なんかこう、つっかかるように話してしまうんだよね。お互い意識しすぎて、話もちゃんとできないのです。これだけ偶然(´∀ ` ;)会うんだから縁がないなんてことないだろうけど、とにかく間が悪い二人です。
 後半で二人のためにお膳立てしてくれる人が出てきて、なんとかうまくいくのですが、ちょっとだけ出てくるテリーという家政婦さん(お膳立てする人ではない)の印象がなかなか強烈だった。なんでこんな終わりの方に面白いちょい役を出すんだ……。まあ、前半に出したら、なんの話かわかんなくはなるよね。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫