Top Page › 読書の感想 › ジュリア・ジェイムズ › ◆『甘美な企み』ジュリア・ジェイムズ

2009 · 06 · 19 (Fri) 16:30

◆『甘美な企み』ジュリア・ジェイムズ

◆『甘美な企み』ジュリア・ジェイムズ(ハーレクイン)
 ニコスは姉から「夫が浮気をしている」と聞かされ、相手を義兄から遠ざけるため、誘惑するよう頼まれる。プールサイドのデッキチェアに寝そべる義兄の愛人ジャニーンは、素晴らしく美しい。これは僕にとっても楽しいことになりそうだ──。("The Greek's Ultimate Revenge" by Julia James,2004)

 種明かしというか、まあ、だいたい展開はわかるかな、という感じなので、
「ヒーローがどれだけ足蹴にされるんだろう +(0゚・∀・)+ ワクテカ +」
 としていたら、そんなにうちひしがれていないような……。ヒロインから引き離されて、意気消沈はしますが、なんか開き直って妙な闘志を燃やし始めたり。
 絶望に苦しむシーンはもっと長くあってほしかった。数行で終わらないで! 私は苦悩するヒーローに一番萌えるのに~。自分のやったことが、すんごくマヌケだったってことに落ち込んでほしいのよね~。
「かっこ悪っ。もう彼女に顔向けできない……(´・ω・`)ショボーン」
 って。そう、ショボンとしてほしい、ショボンと! 「でも愛し合ったのは確かだから」とか開き直るな、バカ!
 けど、これがギリシャ人の気質なんですか?(偏見) 男だけでなく、浮気を疑った姉が真相を知ったあとの態度もよくわからない。そっとしておく、という選択肢はないの?
 それでも後半に、必死なヒーロー視点をもうちょっと入れてくれれば、楽しかったんだけどなあ。ヒロインの視点を削っても、入れてほしかったなあっヽ(`Д´)ノ
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント