09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『メン・イン・ブラック:インターナショナル』

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』"Men in Black: International" 2019(6/14公開)
 小さな頃、宇宙人を目撃したモリーは、“メン・イン・ブラック”という謎の組織の存在を信じていたので、周囲から「変わり者」と言われるが、ついにエージェントとして採用される。ロンドン支部に配属されたエージェントMは、数年前に「ハイヴ」という邪悪な宇宙人から世界を救ったエージェントHと、宇宙王族ヴァンガスの警護に当たることになるが──。(監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、クメイル・ナンジアニ、レベッカ・ファーガソン、レイフ・スポール、Les Twins、エマ・トンプソン、リアム・ニーソン、他)



「ソーとヴァルキリー、地球でメン・イン・ブラックに再就職したってよ」みたいな話でした(´ω`;)。キャラクターとしてあまり変わらない……。特にクリス・ヘムズワースは、ほんとソーみたいで──っていうか、あれが彼の「演技」ってことなんだろうか。あまり演技上手ではない? 外国人の演技ってよくわかんないんだけど、もしかして何演っても同じ……? キャラに合っている役を演るみたいな人? あっちのキムタ──ゲフンゲフン。
 まあ、前のメン・イン・ブラックのシリーズだって、似たようなものだとは思いますが、それにしたってソーとヴァルキリーとしか見えない──のは、私のせいか。でもでもぉ〜、かなりの割合でそう思っている人、世界中にいると思うよ(´・ω・`)……。
 それはさておき。
 一応、リブートではなく、前シリーズの続編ということです。私は『メン・イン・ブラック』(第1作)が大好きということはいろいろなところで言ってますが(ここでは言ってなかったかもだけど)、それは「オリオン」がいたからなんだな、と改めてわかりました。第1作には、地球の猫のとりこになった宇宙王族の王様が出てくるのですよ。その王様が飼っている雑種の猫の名前がオリオン。この猫に対する王様の態度が、ほんとに猫の下僕で。私の中では「猫の下僕が出てくる映画」の最高峰だと思っています。(ちなみに次点は『キャプテン・マーベル』
 今回はそういう萌える部分はなかった……。猫が出てくればいいってわけでもないんですけど(多分)、マスコットみたいな宇宙人はいたりする。これがグース(『キャプテン・マーベル』に出てくる猫型宇宙人。めっちゃ戦闘能力高い)だったらどんなによかったか、とは思った。だってかわいくな──ゲフンゲフン。
 まあ、気軽に見るにはいいんじゃないかな、とは思います。話も「組織に宇宙人ハイヴに通じているスパイがいる!」というよくあるもので──割とバレバレなお話です。ポップコーン片手に誰かと一緒にツッコみながら見るときっと楽しいですよ。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫