09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『オーシャンズ11』

□『オーシャンズ11』"Ocean's Eleven" 2001(Netflix)
 ニュージャージーの刑務所から仮釈放されたダニー・オーシャンは、ロスにいる弟分のラスティに会いに行く。オーシャンは彼に、大富豪ベネディクトが経営するラスベガスのカジノの地下金庫から大金を強奪する計画を打ち明け、11人の仲間を集める。しかし、オーシャンにはベネディクトからもう一つ盗みたいものがあった。(監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ケイシー・アフレック、ドン・チードル、ジュリア・ロバーツ、エリオット・グールド、他)



 もう18年前の映画なのかー! 実は見ていなかったのです。今月、宝塚の舞台化を見る予定なので、初めて見ました。
 ブラッド・ピットとマット・デイモンが若い~! マット・デイモンが若造役というのにも月日を感じます(´ω`;)。『ボーン・アイデンティティー』の前年なのね。
 三つのカジノの金が集まるラスベガスの地下金庫を狙って、11人のプロたちが集まるというお話。主人公のダニーは泥棒で詐欺師。今回の計画には、彼の個人的な思惑も含まれている。なぜなら、金の持ち主であるカジノ経営者で大富豪ベネディクトは、ダニーの元妻テスの今彼だから。彼女に未練のあるダニーは、金と同時にテスも取り戻したいと思っている。
 途中でその思惑がラスティにバレ、激しく非難されて計画から降ろされてしまうダニー。トラブルはそれだけでなく、すべてが少しずつ計画からはずれていく。グダグダのまま、決行日はやってくる──。
 泥棒もの、詐欺ものというのは好きです。ラストの爽快感、痛快さが命。基本、ロマンス小説と同じで、どんなに波乱があっても「計画の成功」というハッピーエンドであることは約束されているようなものです。
 この作品もそうです。とても面白かったし、舞台もとても楽しみになりました。
 が──というか、これは作品に対する文句ではなく、自分の耐性が低くなっていると実感したんですよね。先日の『世界で一番美しい声』でも感じたのですけど、「ハッピーエンドのフラグを折られる」という状況を読んだり見たりするのに富に弱くなっている。この作品でも「計画がうまくいかないのではないか」みたいな状況になるとなんだかつらくなってくる。映画はそのまま勝手に進んでいくから見続けられるんですが、本だと読むのをやめてしまうんですよね。
 それはもちろん、後半の盛り上げのために必要なことだし、なんなら伏線だったりもするってわかっているのに、その時のつらさに「耐えられない(´;ω;`)」みたいになってしまうのです。
 疲れているからだとは思うんです。脳の疲労は特にそういうストレスに弱い。フィクション、つまり作り物だとわかっているのに、「本当につらい」と脳が誤解しているんですよね、きっと。疲れにより脳が誤作動を起こしている。はず。多分(´・ω・`)。
 軽いハーレでも読んで、頭を休めなければ!
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

No title

ほぼ毎日更新を確認しつつ、拝読しています。
今日のは、そうよ、これっ!でした。
自分で自覚は出来ています、老化ねって。(私の場合です)
本を読んで、なんで、悲しくならなければならないのか、この年になって!
だから、ロマンス、ハーレの存在価値。
悲しいことがありつつ、やがて報われる、メアリバログが好きです。

たくさんの良い本を教えていただきありがとうございます。
今年で73歳になりました。 最近は持続力が無くて、(飽き?)
読破量も激減しましたが、新刊チェックと、先輩読者のブログ等のネットサーフィンは止められません。

これからもよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます

>名も知らぬ草さま
コメントありがとうございます!
小説や映画などの先が見えない状況を「物語のトンネル」というそうですが、いくら暗くても気にせず飛び込んだ頃と比べると、最近はどうも二の足を踏みがちです。ロマンスは、遠くても必ず向こうに光が見えるのが救いですよね。ハーレだとトンネル内もかなり明るい(´∀ ` ;)。
今よりも具合が悪い頃もあったのですが、その時はロマンス小説しか読めませんでした。ハッピーエンドはやはり心身ともに癒してくれます。

私ももっとたくさんの本を読みながら、名も知らぬ草さんのように年を重ねていきたいです。こちらこそよろしくお願いいたします。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫