Top Page › つぶやき・お礼 › 細かすぎて伝わらないロマンスの苦手な場面&拍手御礼

2019 · 11 · 27 (Wed) 09:17

細かすぎて伝わらないロマンスの苦手な場面&拍手御礼

 ついこの間、Twitterで「#マイナー不快描写選手権」ってタグが流行りました。その時、何かつぶやこうかな、と思ったけど何も浮かばず。
 やっぱり「ヒロインが必然性のない嘘をついている」というのと「三角関係」って苦手だな、とは思うのですが、「マイナーなのか?(´ω`;)」と首を傾げざるを得ない(私が主旨を理解していないだけか)。まあ、ロマンス限定だからマイナーっちゃマイナーか……。
 ちょっと前にラジオで「細かすぎて伝わらない、映画の苦手な場面」みたいなのも特集されてて、これも悩んだ。映画って、確かに苦手なところあるけど……たとえば、『オーシャンズ11』を見た時感じた「失敗しそうな雰囲気」に耐えられないとか。しかしそれは描き方にもよるし、シチュエーションでも違うし、何より体調にも左右される(´-ω-`)。疲れているとより敏感になるね。けど映画だと苦手でも途中で止めたりはしない。時間経過とともに消えていくものだから(映画館だとなおさら)。止めるのは、つまんない時です。
 小説だともっと気軽に読むのを中断してしまうけど、そうはいってもやはり「つまんない」以外で読むのをやめることはない。かなりつまらなくてもななめ読みすればなんとか最後まで読めるしね。
 上記以外だと、『世界で一番美しい声』みたいな「悲惨な目に遭った主人公たちがさらに悲惨な目に遭いそうな雰囲気」がつらい。ハラハラしちゃうのです。
 でもよくよく考えたら、一つ大きな「不快描写」に気づいた。それは、ロマンス小説のヒーローに多いですけど、出会ったばかり、あるいは知人程度の知り合いでしかない相手に対して、なめくさった態度をとる、あるいはセクハラ的な態度をとるというもの。ぶっちゃけ、この間読んだ『エルドラドの罠』のヒーローみたいな奴!
 これは、今読んでいるロマンス小説を読んでて気がついたのです。2018年に出版されたヒストリカルなんだけど、冒頭で自分の容姿や境遇にコンプレックスを持っているヒロインに対し、人違いで無礼を働いたヒーローがそのあとちゃんと謝って、礼儀正しく優しく接するのです。ただそれだけでとても当たり前のことなんだけど、「初対面だからこれが当たり前」のことができないヒーローって、今までけっこう少なかったな、と思ってしまった。
 ロマンス小説のヒーローはいろんな偏見を持っている男が多いので、なめくさった傲慢な態度というか、なんだかわからないけどヒロインのことを第一印象で決めつけたり、ひと目惚れがバレたら死ぬんじゃないかって勢いで冷たく接するんだけど、あまりよく知らない相手にそんな態度をとるって、人としてどうなのよ、なんだよね(´ω`;)。あとから「混乱してたから」みたいなこと言い訳したりするんだけど、知らねえよそんなこと(゚д゚)! お前の機嫌をヒロインに、っていうか他人に取らせてただけだろ。
 もちろんよく知っている人に対してもそんな態度をとってはいけないけど、割と近づくとそういう態度をとりそうだから避けてるというのが多いだけマシなのか……。けど、そういう態度を結果的にとると、「そうさせた彼女が悪い!」みたいにとたんに頭悪くなるんだよなあ。
 それから「セクハラ」的な態度もね……。ロマンス小説ですから、ヒロインもヒーローに惹かれているわけです。だから最終的にうやむやになるんですが、なんかこう、よく知りもしない相手に行ったセクハラ行為をそれでなかったことにされてもな、とドン引きするような作品もあるのです。フィクションだから、たとえばヒロインもヒーローと同じような衝動があって釣り合いが取れていればいいんですが、ハーレクインなんかだとヒロインが無垢な場合が多いし、とても若かったりもする(最近は変わっているかも)。そしておそらく、そういう欲望のバランスをあからさまに描けない場合もある。「セクシーな大人のヒーローの誘惑に翻弄されながら自分の欲望にも気づいて戸惑う無垢なヒロイン」という一定の「好まれる様式」があるんですよね。そうなると、誘惑シーンが単なるセクハラにしか見えない場合もある(もちろん作者の力量もありますが)。
 あとのフォローがないのもいかんのかも。つまり、「あの時はごめんなさい」とヒーローがちゃんと反省すれば、フィクションなんだから私だって納得しますよ。でも、ロマンス小説、特にハーレのヒーローは反省しない(゚Д゚)! ヒロインも簡単に許しやがってえぇぇっ!
 ……まあ、これは私が古いハーレばかり読んでいるからかもしれません。2018年のヒストリカルがちゃんと配慮されてるんだし、この間読んだ比較的新しいハーレもこんなダメダメなヒーローではなく、常識人だった。(あとこれ、全然マイナーでも「細かすぎて伝わらない」ものでもなかった。よくあることだ!)
 ただ問題は、常識人のヒーローと大人のヒロインのコンプライアンスに配慮した展開のロマンスが面白いかどうかはまた別、ということです(´ω`;)。とはいえ、それは昔も同じ。昔は昔の縛りがあり、今は今の縛りがある。ロマンスも含めたエンタメ小説は自由に見えるジャンルですが、読者が気づかない様々な制限があるからこそ、そんなふうに見えるジャンルなんですよね。そういう制限の中で面白さを追求するジャンルだし、それを超えたものが後年に残る文学になると私は思っているのです。

[11/28追記]
 最後のところ、「制限」というより「注文」ですね(´ω`;)。
「こういう感じの話書いて」「こういうのが今売れてるから」「もっと泣けるような話を」「もっとHOTな話を」等々の注文ってことです。
 小説家も言ってみれば出版社の下請け業者ですんでね……。

 いつも拍手をありがとうございます!
 続きはお礼です。映画『アナと雪の女王2』にコメントくださったHさまへ。

>Hさま
 コメントありがとうございます!
 もうご覧になったか、それともこの週末か──お子さんと楽しんできてくださいね!
 でも見ると、「かわいい」ではなく、「かっこいい」「すごい」「強い」になるかもしれません(´∀ `;)。
[Tag] * 資料用

最終更新日 : 2019-11-28

Comments







非公開コメント