04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『シャザム!』

『シャザム!』"Shazam!" 2019(WOWOW)
 1974年、ある少年が不思議な空間に魔術師の後継者候補として召喚されるが、そこに封印されていた「七つの大罪」の誘惑に勝てず、現実世界へ戻される。月日がたち現代のフィラデルフィア。幼い頃母とはぐれ孤児になった14歳のビリーは、里親からの家出をくりかえし、新たにグループホームへ迎え入れられる。ホームの養兄弟フレディがいじめられているところを助け、一人地下鉄へ逃げ込むと、いつの間にか不思議な空間に迷い込んでいた。(監督:デヴィッド・F・サンドバーグ 出演:ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロング、アッシャー・エンジェル、ジャック・ディラン・グレイザー、ジャイモン・フンスー、他)




 結局映画館では見なかった『シャザム!』をやっと見ました。
 思ったよりもずっと面白かったので「映画館でみればよかった」とちょっとだけ後悔しました(´・ω・`)。
 魔術師シャザムの後継者に選ばれたビリーは、大人の姿に変身できるようになり、様々な力を手に入れる。そうなると子供ですから、フレディと浮かれまくってアホなことをしまくる。でもその悪ふざけの最中にバスの事故を誘発してしまい、からくも助けるけれども、フレディに責められ、ケンカ別れをしてしまう。
 そこへ、子供時代に拒否された以来、執念で「七つの大罪」の力を手に入れたサデウス(50代くらい)が現れ、ビリーを葬り去ろうとする──というお話です。
 この映画を劇場で見なかった理由の一つは、シャザムに変身したビリーの大人の姿がかっこ悪かったからなんですけど、見てもやっぱりかっこ悪かった(´∀ `;)。「14歳の少年が思い描くヒーロー」ってことらしく──つまり、ビリーのセンスがいまいちダサかった、ということらしいよ。顔も、え、美少年然としたビリーがこの顔……いまいち納得できない(´-ω-`)。いるけど実際。若い頃は紅顔の美少年だったのに「どうしてこうなった」というような人ってね!
 でもこの作品、すごくよくできた子供向けコメディ映画なんですよ。だから、そこら辺も全部笑いに昇華する。小ネタもとても多く、フィラデルフィアを舞台にしているので『ロッキー』のはもちろん、当然『ビッグ』のパロディもあり、'80年代の子供向け映画(『グーニーズ』とか)を彷彿させる雰囲気もある。最近の日本の子供向けアニメなんかでもそうだけど、親世代への配慮というより、作り手が楽しんで小ネタを入れてるんだよね。月並みな言葉ですが、子供も大人も笑って楽しめます。
 とはいえ、本来のテーマは「子供の心の傷」なんですよ。ヒーロー側とヴィラン側の分かれ目のようなものも描いている。
 ビリーは小さい頃はぐれた母を探し求めている。「母がいた」という確かな記憶があるので、「家族がいない」ということを認めたくないんだよね。だから、里親たちや養きょうだいたちにも心を開かない。
 一方ヴィランであるサデウスは、魔術師の候補者に選ばれなかった自分と家族からないがしろにされた自分を重ね合わす。魔術師よりも強大の力を持つことで、自分を認めない父と兄の鼻を明かそうというか、「自分と同じようにないがしろにしたい」と思っている。
 ずっと思っていることがあるんですよ。親にしろ子にしろ、ちゃんとした家族じゃなかったという記憶があるはずなのに、それでも親や子として執着するじゃないですか。もちろん、「修復できるかも」という望みを持ち続けている人もいるでしょうけど、そのための努力をすることもなく、「親子の絆」という言葉への幻想ばかりに執着する人もいる。特に親側ね。サデウスのように「愛されたい」と思いながら生き続けてきた子供だったら、それに囚われる気持ちが根深いというのはわかるんですが、子供を大切にしてこなかった(どころかひどい目に合わせたような)親から、その記憶がすっぱり消えてなくなるというのが、よくわからない、と思ってきたのです。まるで自分がよい親だったかのように振る舞われて、子供側が憮然とする、というような……「この人は、記憶を自分の都合良いものにしている」とか。
 でも最近、気づいたのです。そういう人たちって、自分のことを「親として」あるいは「子として」評価されたいと思っている、と。いい親だったか、あるいはいい子だったか。その評価を下せるのは、「親子」でないとできないんですよね。親がいたからこそ、子が生まれ、子がいるからこそ親なんだから。当たり前だけどね。だから、子に、親に執着する。彼らにしか下せない評価を聞きたくて。いい評価のためには、記憶も捏造するし、洗脳もされたりしてね。
「親子」でしか下せない評価は、確かに特別に見えるけれど、それにどれだけの意味があるのか、と考えると首を傾げざるを得ない。昨今のフィクションの傾向としては、それから脱却しようとしているように思えてなりません。
『シャザム!』のビリーもサデウスも、「子として」の評価に囚われた子供なのです。でも、ビリーは新しいグループホームで出会った人たちと本当の意味での「家族」になろうと決心しますが、サデウスは父と兄に復讐──というより、蔑んだ自分の方が強いということを見せつけるだけで終わってしまう。「子として」の評価に執着するあまり、「七つの大罪」たちに利用されてしまうのです。
「子として」ったって、よく考えればたった二人の人間しか下せない評価なんですよね。しょうもない親から、あるいは子を捨てた親からの評価なんて、全然特別なものじゃない。もちろん、ちゃんとした親だったらものすごく価値ある評価になるでしょうが、どんな親でもそういうものだと思いこんでしまったのがサデウスで、それよりもっと自分を認めてくれる人がこの世界にはたくさんいて、そういう人たちと「家族」のような絆を結ぶことだってできる、と気づけたのがビリーなのです。
 サデウスを演じているマーク・ストロングって私と同世代なんですけど、こんな歳になっても子供の頃の傷は癒やされなかったりするって、ほんとあるんですよね……。そこが切なかったもしました……。
(★★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    03月 | 2020年04月 | 05月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 資料用 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ヒストリカル ★★★ ★★☆ ★★ ★★★★☆ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス その他の出版社 サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫