07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『かりそめの妻』ロバータ・レイ

◆『かりそめの妻』ロバータ・レイ(ハーレクイン文庫)
 エミリーは友人ジーナから奇妙な依頼を受ける。ジーナの夫の会社の後継者とされているルークの仮の妻になってほしい、と。期限は2年間、もちろん莫大な報酬つきだ。エミリーはある理由で金を必要としていた。エミリーは依頼を受け、ルークと結婚するが、彼を次第に愛し始めてしまう。("Temporary Wife" by Roberta Leigh, 1975)




 おすすめされた本です。読むまで時間かかってしまいましたが、チャコさん、ありがとうございました!
 いやあ、おすすめされたとおりにひどい、いや、実にゲスい話でした!(すみません。でもコメントされた記事は「三大クズヒーロー&拍手御礼」なんですよ(´ω`;))
 古いのですよね、1975年の作品。昔のメロドラマみたいな話です。
 ヒロインのエミリーは寄宿学校の先輩であるジーナから変な依頼をされるわけですが、実はジーナとルークは不倫関係なんですよね。そういう関係になった段階でルークはジーナと一緒になろうとするんだけど、ジーナは富豪の妻の座を捨てて貧乏暮らしなんかまっぴらなわけです。夫チャールズは老人で心臓も弱いので先は短いと踏み、せっせとルークの出世を後押しし、夫が死んだあと彼と再婚しようとしている。しかしチャールズの甥ロジャーに関係を知られて、「おじさんに言うから」と言われてしまう。そのため、エミリーを「当座の妻(原題)」に仕立てよう、とジーナが言い出すわけです。「二人が切れたという証拠を見せろ」と言ったロジャーもこれで黙るだろう、ということで。
 エミリーは、「結婚したくないけど周りがうるさいから」みたいなルーク(とジーナ)の言い訳を眉唾で聞いているのですが、結婚した夜に簡単にバレてしまう。まさか不倫の片棒を担がされたとは思わなかったエミリーは当然怒りますが、お金をもらってしまって、恩人である従兄にもう渡してしまったので──しかもそのお金って横領の補填のためなんですよ(´ω`;)。なぜ「病気の手術代」とかにしない……。
 泥舟にいつの間にか片足突っ込んでしまったエミリーは、そのまま仮の妻を演じ続けるのですが、ルークを好きになっちゃって──というお話です。
 とにかくエミリー周囲の人間がみんなゲスく、かといってエミリーも従兄を潔癖に突き放せるほど厳しくもないから、それをジーナとルークに指摘されると真面目だから「ぐぬぬ」となるしかないという……。ゲスくて小賢しいクズは、攻撃材料を決して見逃さないよな。有利になるなら、自分のことは棚に上げる。逆ギレしてうやむやにする。
 最後は、チャールズが思ったよりも早く亡くなってしまい、ジーナのゲスい本性にようやく気づいたルークがエミリーと気持ちを確かめ合う、というところに落ち着きますが、ルークのゲスさを払拭できる要素はほぼないです(´ω`;)。一応反省はしているようなこと書いてありますが、そこに説得力は一ミリもない。「過去は過去。未来の俺を見てくれ!」みたいに、今までのことは見ないふり。しかもエミリーは「愛してる」って言われただけであっさり許してしまう。「愛」より「ちょろさ」が強調されてる!
 ジーナは最後までゲスいですが、それに対してルークが抱く嫌悪感を描けば説得力が出ると思ったら大間違いだ(゚Д゚)ゴルァ!! 「俺は同類じゃない」とか思ったとしても、傍から見れば同類ですから! 自責感がないんだよね、ロマンスのヒーローって。Σ(゚д゚)ハッ! そうか、それが欠けてるんだ。自責感とか罪悪感とか。羞恥心もない。実に図々しい。
 犯罪を犯したわけではない(「だからいいだろ」って開き直りそう)が、もっとエミリーを利用したことを後悔して、「もう信頼してくれないかもしれない」という不安を抱いてほしいんですよね。だって、それが普通の人──ちゃんとした人ではないの? この思考は、サイコパスの思考にほぼ一致すると思うんですが……。
 まあ、昔からサイコパスは魅力的だというのは通説としてある。その「魅力」部分のみをヒーローにあてはめ、なおかつ愛の力で改心させる、というのが、古いロマンスの奇跡の定番だったんだな……。けど、サイコパスを改心させるのは至難の業だし、ちゃんとしようと悩むサイコパスの人はこういう人じゃないと思う……。
 やっぱり「ヒーローはまともじゃない」な……。
 ということで、めでたく(?)ルークはクズヒーロー13人目の仲間入りとなりましたー、パチパチパチ!
(★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★ 資料用

うわ~😱

白さま、こんにちは。
こ、これはホント下の下の真性ハーレヒーローですね! 腹が立つのを承知で探して読みたいです。
確かに今のヒーローは、言い訳を足してマイルド傲慢に描かれてるけど、所詮、現代人向けに作者が「言い訳」してるだけ。って、見てしまうんですよね。
作者が(試みているんでしょうけど)あまり言い訳に力を入れないゲスヒーローは、読みたく無いと言いつつ読みたい。真のハーレヒーロー楽しみ?です。

ありがとうございます!

>かなさま
コメントありがとうございます!
ゲスいですよね〜。「腹が立つのを承知で探して読みたい」という気持ち、わかります〜(私も珍品、問題作好き)。
「今のヒーローは現代人向けに作者が『言い訳』してるだけ」っていうのも鋭い……。時代に合わせるとニーズと微妙にズレるっていうのもありそうです。クズヒーローの方が話が面白くなったりするから、悩みどころっぽいですよね。
うまいことバランス取れたものもあるんでしょうが、最近のをあまり読んでなくて探せないのが私の悩みどころです……。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    06月 | 2020年07月 | 08月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー 資料用 ★★★ ★★☆ ★★★☆ ヒストリカル ★★ ★★★★☆ 角川文庫 ロマンス以外 シリーズ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス その他の出版社 サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫