05
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

●『心躍る冒険』アン・アシュリー

●『心躍る冒険』アン・アシュリー(ハーレクイン)
 1815年。家族を亡くし、バースで暮らすキャサリンは、戦争時に英国を裏切って情報をフランス側に流していた人間をあぶり出すため、囮になった。赤毛のフランス娘としてパリで待つ彼女の前に夫役として現れたのは、ダニエル・ロス少佐。彼は、キャサリンの親友を死に追いやった男だった。("Beloved Virago" by Anne Ashley, 2003)




 お気に入りのさちみりほさんのコミカライズを買ったので、そのために読んだのでした。でも、なんだか時間かかった……。
 割と最初の方がゴチャゴチャしていたように思います。コミカライズでもそう思われたのか、前半の二人の出会いからキャサリンの従妹の婚約パーティでの険悪な雰囲気(「こいつが親友を邪険にした奴か(゚Д゚)ゴルァ!!」と敵意むき出し)など、全部すっぱりカットされていて、ヒロインのキャサリンがパリにいるシーンから始まります。その方が絶対にいいよね……。
 アン・アシュリーはヒーローの地雷話が多め、という印象があるのですが(愛人がいたりとかね)、この作品のヒーロー・ダニエルは誠実で無骨な軍人さんでした。親友を死に追いやったというのも誤解で、キャサリンは少し幼かった親友の妄想を信じ込んでいただけだったのでした。関係ないけど、ここのくだりを読んだ時、若い頃かかってきたエッチないたずら電話の声が友だちに似ていたから、「Xくん?」と訊いたら「そうだよ」って言ったので(オレオレ詐欺と同じ……)、しばらくXくんのこと「あんなエッチな電話かけてきたくせに、どうしてそんなにしれっとしてるの!?」としばらく軽蔑してたこと思い出しました(´ω`;)。ごめん、Xくん……。
 そんな私と同じようにキャサリンの誤解もすぐに解けるのですが、元からはねっかえりでおてんばな女の子なので、彼に対してはなかなか素直になれない。けど、肝は座っているから、危険な任務もあわてずなんなくこなす。昔、婚約者を従兄に奪われたことのあるダニエルが「やはり結婚するなら元婚約者みたいなおとなしい女性を」という気持ちを改めるくらいのインパクトを与える。
 二人がケンカしながら追手から逃げ回る真ん中辺はけっこう楽しめたのですが、冒頭が少しもたつき、クライマックスも割とあっさり目で、全体的にはちょっともったいない印象。キャラもストーリーも萌えそうなんだけど私の好みからは少しズレている、って感じかなあ。コミカライズはそこら辺整理されていて、気になるところへの補完もしてあります。
(★★★)

web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    04月 | 2020年05月 | 06月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ★★★☆ ★★★★ 資料用 コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ヒストリカル ★★ ★★★★☆ ロマンス以外 角川文庫 シリーズ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス その他の出版社 サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫