Top Page › 映像雑感 › おおっぴらにはなかなか言えない

2023 · 08 · 18 (Fri) 12:42

おおっぴらにはなかなか言えない

 ちゃんとした記事が書けないまま、8月も半ば過ぎてしまいました。
 8月は暑すぎて、思考が溶ける──などと言いながら、年中そうなんですけど(´ω`;)。

 最近はテレビシリーズの『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』を延々見ています。シーズン7、100話以上あるから決心できなかったんですが、見始めたらいつの間にか残り2話……。来週配信の『スター・ウォーズ:アソーカ』までには見終わる予定。でも本当は『スター・ウォーズ/反乱者たち』も見ないといけないんですけどね……バッド・バッチも見ないといけないのかな。
 あと2話ってところで実はこのシーズン7の後半4話って、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の裏話と気づき、飛ばし飛ばしで見てしまったりして。記憶とだいぶ違ってた。「オーダー66」なんか聞いたことないよって思ってたけど、思いっきり言ってるし発動してるし。全然憶えてないな>私(´ω`;)
 これを見たあとにエピソード4の『新たなる希望』を見ると、かなり感慨深いんだろうな、と思います。
 実は──。

 ぶっちゃけますけど、私、別にスター・ウォーズシリーズに思い入れがあるわけではないんです(前にも言ったことあるかな)。どれくらいないかというと、エピソード4を公開時に見て以降、なぜか5を飛ばして6を見た(のちにっていうか、割と最近5を見た)っていうくらい。
 まあ、スター・ウォーズ大好きな家族につきあって見ているうちに『マンダロリアン』のグローグー(とその父)のかわいさにやられて、『クローン・ウォーズ』まで見てしまった、というのが本当のところです。だから、スター・ウォーズシリーズで好きなのは『マンダロリアン』と『キャシアン・アンドー』。宇宙の市井の人々の話が好き。ジェダイとフォースって結局ツッコミどころが多すぎるし、キャラもクセが強いんだけど、世界観は好きなのです。でもスター・ウォーズって戦争と政治の話なんだよね。人はいっぱい死ぬし、生臭いエピソードが多くて、あとで「黒歴史」にしかならないような話ばかりでね……。第一『クローン・ウォーズ』の「クローン」の意味を知ると、そこからしてもう倫理的にどうなのさという……。見たことない人にとっては「強大な敵に立ち向かう若者たちを描いたスペース・オペラ」って感じかもしれないが、そんな爽快感はエピソード4だけですよ(´ω`;)。
『クローン・ウォーズ』も『アソーカ』も、『マンダロリアン』のために見るんですよ。特に『アソーカ』にはグローグーが出てくるかもしれないので。そうなるとアソーカってキャラのためには『クローン・ウォーズ』見なきゃだし──ってことです。

最終更新日 : 2023-08-18

Comments







非公開コメント