Top Page › 映像雑感 › 今年最後の摂取したもの?

2023 · 12 · 18 (Mon) 15:44

今年最後の摂取したもの?

 そしていつのまにか終わる12月、つまり2023年が……。
 私は今年一年、何をしていたんだろうか。とにかく日々が過ぎる速さが尋常ではないという感じ。時よ、もっとゆっくりしていってくれ(´;ω;`)……。
 ……それはさておき、今年最後になるかもしれない「摂取したもの」メモを書いておこう。

▶『海底軍艦』『地球防衛軍』『妖星ゴラス』
『ゴジラ-1.0』の公開記念か、WOWOWが東宝の古い特撮映画をたくさん放送しているのです。いくつか録画した中の3つ見ました。
『海底軍艦』は、戦後ムウ大陸の生き残りに狙われた日本を救うために、戦中から建設を進めていた海底軍艦「轟天号」が戦う、という物語です。『惑星大戦争』にも「轟天」という宇宙防衛艦が出てくるのですが、この「轟天号」が元ネタらしいですね。
『地球防衛軍』は、地球を侵略しに来た宇宙人と戦う物語。モゲラという巨大ロボット怪獣(?)も出てきます。モゲラ……なんとも脱力な名前。
『妖星ゴラス』は有名な作品ですが、今回初めて見た。こんな『アルマゲドン』みたいな話とは思わなかった(いやいや、ゴラスの方が古いから(´ω`;))。とはいえ、あちらは激突する小惑星を爆破しますが、こちらは地球を動かすというお話。しかしかなりシリアスで、緊張感あふれる。面白かったのですが、後半出てくる「アレ」がやたら唐突で、つい笑ってしまった。
 3つの作品すべてに平田昭彦がキーマンとして出ている。『ゴジラ』にももちろん出てるし、東宝特撮の顔なんだな。
『海底軍艦』と『地球防衛軍』には「せっかく撮影したから使わなくちゃ」みたいなシーンがあって、長い。しかし、なんか豪華だった。この頃のスタジオは大きいね。

▶『となりの肯定ペンギン』
 YouTubeで見られる短編映画です。大阪の劇団「満員劇場」の人気キャラ、なんでも肯定する肯定ペンギン・ペンペン(私も大好き)に話を聞いてもらう人々のお話です。今回、久しぶりに東京公演があり、それを見に行った流れで見つけた。
 ペンペンはただただ肯定するだけ。迷ってる事柄でも両方肯定する。「えー」とか言いながら、結局自分で決めるしかないのよね(´ω`;)。
 ところでペンペン、昔は動物園にいなかったっけ……?



▶『マイケル・ジャクソン「スリラー」40周年ドキュメンタリー』
「スリラー」のミュージックビデオのドキュメンタリーだと思ったら、アルバム『スリラー』のドキュメンタリーだった。いや、別にがっかりしたとかはなく、楽しく見ました。アルバムは今も聞いているし、マイケルの曲で一番好きなのは『ビリー・ジーン』なので。
「スリラー」のMVが公開された時って、とてもよく憶えている。『ベストヒットUSA』で初めて見たなあ。文字通り正座して待ちましたよ。YouTubeにある4Kのを今でもしょっちゅう見ます。
 ペプシCM撮影中の事故がやるせない。あれがなかったら、今もマイケルは生きていたのだろうか。いろいろなことが避けられたのだろうか。今考えても仕方ないことだけれど。



▶『ダンジョン飯』九井諒子
 ついに終わってしまったー! 面白かった!
 それにしても「えっ、たった14巻!?」と思ってしまった。もっと長いように感じたのは、絵の密度が濃いからでしょうか?
 私は食いしんぼうなので、割とライオスの気持ちがわかる方だったんですが、「サイコパス」と言われているのにちょっとショック。
 来月からのアニメも楽しみです。
 お、第一巻のKindle版は2024年1月4日まで無料よ!



 そして最近の癒やしはとやまソフトセンターのYouTubeチャンネル。
 特に「狂犬病予防注射会場のドタバタ劇」シリーズ。第一回のこの動画、短いけど珠玉の犬たちと飼い主さんがいて面白すぎる。

最終更新日 : 2024-01-08

Comments







非公開コメント