Top Page › 映像雑感 › 年末年始に摂取したもの

2024 · 01 · 08 (Mon) 15:11

年末年始に摂取したもの

 能登半島地震のお見舞いを申し上げます。
 被災された方が、一刻も早く安心できる生活に戻れますように。

 すっかり正月気分はなくなり──もう1/8ですしね。
 1日からこっち、ずっとニコリの数独(紙の本)やってますよ……。これの難しい問題やってると、他に何も考えなくてすむから(仕事もしてますけど)。
 東日本大震災の時のことを思い出す。あの頃はロマンス小説に逃げていた。つかの間の別世界。
 東京に住む私も含めて、何をしたらいいのかと迷いがちな日々ですが、そういう人たちができるのはせいぜい募金くらい。あとはいつもの日常をいつものように過ごすしかないのです。
 ということで、年末年始に摂取したものです。今年もよろしくお願いいたします。

▶『宇宙大戦争』
 WOWOWで録画しておいた東宝の古い特撮映画です。
 年末に見たのに、タイトルを見ても、
「どんな映画だったっけ……?」
 状態になっているというのは、歳のせいもあるでしょうが、似たタイトルのものばかり最近見てるな、というのがありまして。『惑星大戦争』『宇宙大戦争』『地球防衛軍』『世界大戦争』──みんな似たようなお話なんじゃないのかな、と思ってしまいそうではないですか。
 この『宇宙大戦争』もナタール人という宇宙人に地球が侵略される物語です。でもすでに『地球防衛軍』と話がごっちゃになっている。あっ、でも大きな違いが一つある。平田昭彦が出ていない!

『新幹線大爆破』(Netflix)
 20代の頃に見たっきりになっていたものを再見しました。
 時速80キロ以下になると爆発するという爆弾を仕掛けられた新幹線ひかり号。止まらざるを得ない博多駅までの約9時間を、国鉄(今のJR)と警察、そして犯人側から描くサスペンスです。1975年の東映映画。東映らしい荒っぽさも目立ちますが、すごく面白かった! クライマックスは手に汗握る。
 見たことなかった家族が、
「『スピード』が公開された時に、『新幹線大爆破』と似ているって話題になってて」
 と言ってたんだけど、見直したら思った以上に似ていてびっくり。特にはしごのところ! ヤン・デ・ボン監督がどれだけこの映画好きなんだ、というのがよくわかりましたよ。デニス・ホッパーが高倉健、サンドラ・ブロックが運転士の千葉真一、キアヌ・リーブスは運転司令長の宇津井健なんだな。
 ていうか、『スピード』見た時に私、『新幹線大爆破』見てたんだけどなあ(´ω`;)。全然気づかなかったよ。

『ホワット・イフ…?』シーズン2
 MCUのアニメです。すでにうちでは「もしもシリーズ」と呼び名が定着している(古い)。
 シーズン1は、マルチバース展開が始まったばかりで、ある意味実験的な意味合いがあったと思うのですが、いろいろあってその展開が怪しくなった今では、なんだかウォッチャー(このアニメの語り部。頭のでかいおっちゃん)が思いついたお話を集めた薄い本みたいな雰囲気になってきてる。推しがキャプテン・カーター(キャプテン・アメリカの恋人ペギー・カーターが超人になっている)っていうのはよくわかる。コールソンみたいだな(´ω`;)。

『ポケモンコンシェルジュ』
 Netflixで配信されているポケモンのストップモーションアニメです。
 南の島にあるポケモンリゾートのコンシェルジュとして働くことになったハルのお話。リゾートを訪れるポケモンのお世話係なので、たくさんのポケモンが出てくる。が、私の推し・デンリュウとドオー、そしてアブソルは出てこなかった。永遠に続けられるよね、これ。カイリュウがほぼぬいぐるみでモフモフで、とてもかわいかったです。あとコダックっていろんな話に馴染みやすいキャラだ。
 こんなツイート(この頃はそうだった!)があって、私は身寄りのないおばあさんになる可能性がだいぶ高いので、憧れたものですが──。

 ポケモンリゾートでポケモンの世話をして暮らすのもいいなあ、と思います。

最終更新日 : 2024-01-10

Comments







非公開コメント