Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2009) › □『サマーウォーズ』

2009 · 07 · 21 (Tue) 16:02

□『サマーウォーズ』

『サマーウォーズ』(7/20試写会 8/1公開)
 高校二年生17歳の理系少年・小磯健二は、夏休み、憧れの先輩・篠原夏希からとあるアルバイトを頼まれ、長野県の田舎へ赴く。夏希の曾祖母・陣内栄の誕生日を祝うために集まった大勢の親戚と、古く広い屋敷に圧倒された健二だったが、その夜、一通の謎のメールを受信する。(監督:細田守 声の出演:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、富司純子、他)

 上に書いたあらすじが、ほぼ見る前に私が知っていた情報のすべてです。
 ……いや、すみません、嘘つきました。ほんとは「男の子が田舎へ行く」ってことしか知りませんでした。だから、冒頭にはけっこうびっくり。え、こういう話だったの? と思っちゃって。
 だから、ストーリーや設定なんかはもう、何も言わない方がいい、と思いました。いやもう、ほんと、むちゃくちゃ面白いです! 実は私、『時をかける少女』は、いい映画だとは感じましたが、世間が絶賛するほどではない、と思っていたのです。でも、これは文句ありません。超身近でありながら、壮大。非現実的に見えるのに、決してありえない話でないところもまた恐ろしい。前半はたくさんのキャラを無駄なくさばき、後半一気に突っ走っていく脚本が素晴らしい。若い俳優さんたちの初々しい演技もよかったし、そこに入る渋いキャスティングやベテランの声が画面をびしっと引き締めてくれます。日本のアニメは、たくさんの愛すべきばーちゃんたちを生み出してきましたが、栄さんもそこへ入ることでしょう。
 けどとにかく、「腹が減っては戦はできない」ってことなのです。栄ばーちゃんは正しい。
 しかし、なぜこれを実写でできないのか──それだけが惜しい。(あ、これは日本映画界に対してのつぶやきであって、この映画に関しての文句ではないです)
(★★★★☆)
[Tag] * ★★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント