11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『悪魔と乙女』デボラ・シモンズ

●『悪魔と乙女』デボラ・シモンズ(ハーレクイン文庫)
 プルーデンスは2作目のゴシック小説の原稿がうまく書けず、イライラしていた。発想の源であるウルフィンガー館に、持ち主レイヴンスカー伯爵の弟が滞在していることを聞き、何とか招待されたいと願ったプルーデンスだったが、しびれを切らし自ら館へ乗り込んでいく。そこでついに、“悪魔伯爵”の姿を目撃する。("The Devil Earl" by Deborah Simmons,1996)



 ヒストリカルで、ヒロインが作家、という作品は、はずれがない感じがします。時代の常識からはずれていても違和感がないし、何よりも作者が作家の気質というのをよくわかってるからね。これも面白かったです。
 ヒーローは“悪魔伯爵”という自分のあだ名と噂の一人歩きにうんざりしつつ、否定しないで孤立することに慣れてしまった人。弟を殺した、と言われても、そう言う人々を遠ざけるだけ。ヒロインはそんな彼のうわべにはだまされず、作家らしく冷静に彼の本質を見極め、乙女らしく優しく純粋に、丸ごとの彼を信じていることを伝えます。
 ヒロインがさっぱりしてて思い切りがあったし、ヒーローも最初はひねくれていたけど、根は純な人のようなので、ヒロインへの想いをすぐに自覚。ヒロインの書くゴシック小説のようなエピソードが次々と起こって、なかなか想いを伝えあうヒマがないけど(でもやることはちゃんとやる)、これらエピソードが笑っちゃうくらいそれっぽくてかえってよかったですよ。楽しく軽く、ほのぼのと読める作品でした。
 関係ないけど、最後に出てきた“悪魔伯爵”──名前から某アニメの息子さんが頭に浮かび、そこからお父さんが(いやあぁぁぁぁぁ(´д`;))──。妹はリサって名前じゃないけど。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫