09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『恋の駆け引き』ラス・スモール

◆『恋の駆け引き』ラス・スモール(ハーレクイン)
 弁護士のグラハムは、友人から男性のルームメイトを探しているロバータという同業者のことを教えられ、すすめられるまま部屋をシェアすることになる。ロバータは環境保護活動に打ち込む美しく聡明な女性。グラハムはすぐに夢中になるが、彼女は彼のことを友人としてしか見てくれない。("Odd Man Out" by Lass Small,1989)



 ヒーロー視点にこだわったものだったのね、“今月の恋人”って。
 ヒロインの視点はほとんどありません。最後にならないと彼女の本心は見えない。昔のハーレとかのロマンスは男性視点がほとんどなくて、それを惜しいと感じることも多かったけど、これはそれと同じような読後感。
 相手の視点がない場合、本心がダダ漏れがいいのか、こういうふうに隠れているのがいいのか、というのは好みだと思うけど、私はダダ漏れ派なんです。ヒーローがヒロインにメロメロなのは好みなんだけど、すげなくされててかわいそうと思ってしまった。真面目でそんなに恋愛経験もないって人だから、ちょっと気の毒だった。けどその気の毒さが、物語の切なさにいまいち結びつかないんだよなあ。これがもっと浮ついた男だったら、「いい気味」ってすごく楽しく見守ってられたような気がする。
 ヒロイン、設定からすればツンデレにあてはまるんだろうけど、見えにくい……。いや、この頃にツンデレなんて概念はないですけどね(´∀`;)。
 それにしても、ヒーローにヒロインのことを教えた友だちも変な男だったな。ヒーローが考えた「ネズミ怖い、きゃーってヒロインが抱きつく作戦」も、そんなマンガみたいな……(´∀`;)。自分で始末つけられる女だったらどーすんだよ、と思ったら案の定そうだし。ネズミ、かわいそうだったけど、かわいい奴だったな。
(★★☆)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫