Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2009) › □『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』

2009 · 08 · 12 (Wed) 16:51

□『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』

『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』(8/8公開)
 たくさんの仮面ライダーと大ショッカーが戦う話と、初代シンケンレッドが出てくる話(あらすじめんどくさくなっちゃったの……)。

 タイトル長っ(^^;)。
 東映まんがまつりでした。特に仮面ライダーの方。テレビのディケイドがもうむちゃくちゃな状態なので、むしろ清々しい。何十年という蓄積なので、怪人(?)も戦闘員並にうじゃうじゃ出てきます。お子様はたくさんのライダーたちがいろんな怪人と戦って大興奮、大きなお友だちはなつかしさにむせび泣く──か?(´∀`;)
 アン・スチュアートが大好きなGacktはほんのちょびっとしか登場しませんが、何も知らないで見たら、彼がライダーマンだなんてわかんないでしょ? どんな変身ポーズだったっけ、と思って見てたら、変身シーンなかったしさ! そりゃそうだ、変身したらアゴの形で別人だとわかってしまう(´∀`;)。結城丈二=ライダーマン、という基礎知識がないといけないシーンらしい。
 まあ、変身前の人はこの際、どうでもいい。オールライダーに、というより、こういう映画を見ていること自体になつかしさを覚えましたよ。
 本当のお目当てはシンケンジャーの方だったのですが、まー、もうあっという間に終わってしまったよ。3D版ではないので、飛び出しは楽しめず。いや、これもどっちでもいいんですが。
 エンディングの殿の笑顔に萌え~(*´ω`*)。もー、ディケイドばっかり話題でかわいそうだよ~。
(★★★)
[Tag] * ★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント