Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2008) › □『K-20 怪人二十面相・伝』

2008 · 12 · 11 (Thu) 14:58

□『K-20 怪人二十面相・伝』

□『K-20 怪人二十面相・伝』(試写会)
 1949年、第二次世界大戦がなかった架空の日本。だまされて怪人二十面相に仕立て上げられた平吉は、探偵・明智小五郎とともに本物の二十面相との戦いを決意する。(監督:佐藤嗣麻子 出演:金城武、仲村トオル、松たか子、他)

 まったく期待をしてなかったので、意外に楽しめました。
 けど、いろいろな場面で様々なものを彷彿とさせる映像が……一番に思ったのは「実写のルパン三世みたい」というのですけど。
 CGとロケはいいけど、セットが(^^;)とか。
 でも、すっごくがんばってるから(?)☆をおまけ。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント