Top Page › 読書の感想 › ラス・スモール › ◆『おしゃべりな彼』ラス・スモール

2009 · 08 · 15 (Sat) 12:19

◆『おしゃべりな彼』ラス・スモール

◆『おしゃべりな彼』ラス・スモール(ハーレクイン)
 離婚でひどく傷ついたクリスは、飛行機の中でマークという男性と隣り合わせになる。彼とのおしゃべりに心和ますクリス。なりゆきで亡くなった彼の恩人の葬儀に出ることになり、彼女とマークは同じ部屋に泊まる。その時、彼が自分よりも9歳年下だと知り、クリスはショックを受ける。("Marry Me Not" by Lass Small,1987)

 ずっと妻を裏切ってきたひどい夫──愛人に子供を二人産ませた上、再婚相手は別の女──との離婚係争中に、弁護士やら何やらからセクハラを受けまくって、すっかり男性不信になってしまったヒロイン。それだけでも手強いのに、ヒーローは9歳年下で、「もっと若い子と幸せになってね」と一度ヒロインに逃げられています。ヒロインの気持ちはよくわかる。結婚もこりごりだし、こんなに年下だといくら好きでも躊躇しちゃうよね。
 でも、ヒーローはあきらめない。邦題のとおり「おしゃべり」なんですが、これは結局、ずっとヒロインを口説きっぱなしということで。ハーレのヒーローにしては貧乏ですが、働き者で仕事にも恋愛にも迷いがない。若くて熱くて一途な奴。再会しても、ヒロインはなかなか結婚を決心しませんが、こんなに情熱的だとそれを失った時のダメージも大きいよね。それに、彼の母親からも反対されるし。私の友だちにも、ここまでじゃないけど旦那が年下の子がいてね──お義母さんとは、最初ちと微妙だったらしい……。
 石油採掘しているヒーローが掘り当てて万々歳、というラストでないのにちょっと驚いたけど、この二人なら──というか、このヒーローと一緒なら、苦労しても大丈夫なんじゃないか、と思えたのが微笑ましかったです。
(★★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント