02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

◆『再会は炎のように』ルーシー・ゴードン

◆『再会は炎のように』ルーシー・ゴードン(ハーレクイン)
 ロンドンのホテルでPRコンサルタントを務めるレベッカは、ある実業家を招いて接待することになった。その実業家はイタリア人のルカ・モンテス。十代の頃、彼と恋に落ちたレベッカは悲劇的な別れを経験し、それ以来、心を閉ざしたままだった。また会いたいと言うルカに、彼女はもう手遅れだと告げる。("The Italian's Baby" by Lucy Gordon,2003)



 読み始めた時は、割とテンプレなモトサヤものだと思っていたのです。でも、違った。冒頭のヒーローとヒロインの間の子供が死亡したとわかるシーンが、後半生きてくる。テンプレな展開だと、こういう事実は過去の悲しい思い出として処理されていて、枚数は現在の二人と未来について費やされるものなのですが、このヒーローとヒロインの場合、二人が15年前に過ごしたはずの生活をやり直し、短いながらも生きて亡くなった娘のために涙を流せるだけ流す、というつらいながらも勇気ある心の浄化を行うのです。
 15年もの回り道は人(ヒロインの父親)のせいでもあり、それはまぎれもない“回り道”でしかないんだけど、無駄だったのか必要だったのかのどちらとも言えない──まるで最期の時に思うように、それも人生の出来事の一つとして納得できるものになっています。
 男と女が出会って結婚するまでを描くのがロマンスですけど、もっと大きな広がりが見える。ヒーローの変化も、よく言う「傲慢ヒーローの反省」というレベルではなく、とても悲痛な故に変わらざるを得ない(というより、強がってかぶっていた殻を壊さざるを得ない)というのがよくわかりました。
 ヒロインの父親があっさり死んでいて、無意味な復讐に走らなかったのもよかったです(いや、ムカつくけどさ(-ω-;))。
(★★★★)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    01月 | 2020年02月 | 03月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ★★★☆ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫