09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『時には危険な恋のように』リアン・バンクス

◆『時には危険な恋のように』リアン・バンクス(ハーレクイン)
 夜勤明けだというのに、引っ越してきたばかりの隣家から大音量の音楽が聞こえる。耐えかねたアンディーは、抗議のため、隣家の呼び鈴を押すと、中から五歳くらいの少年と父親らしき男イーライが現れる。高名な科学者である彼は、近所からフランケンシュタイン博士と恐れられているが、実際は一緒に暮らし始めたばかりの息子の世話に戸惑う毎日だった。("A Date With Dr. Frankenstein" by Leanne Banks,1995)



『二人の奇跡』はこれのスピンオフだったのね。知らないで読んだよ。できればこっちを先に読みたかったな、とも思いましたが、ネタバレとかはないから別に大丈夫です。
 でも、この感想を書く段になって「あれ?」と思う。邦題……中身と全然合ってないよ(^^;)。本物のフランケンシュタイン博士との恋愛だったら危険かもしれないけど、ヒーローは別にマッドサイエンティストじゃありません。変人ぶりなら、『二人の奇跡』のヒーローの方が上だし。子供もいるので、全体的にほのぼのムードです。
 オーソドックスなお話で安心して読めます。でもちょっとヒロインがヒーローを避ける理由が、わかるけど説得力が足りない感じだった。失敗した婚約者と同じような状況だから、というのも、傷ついていることもわかるんだけど、少し短絡的ではないか、と疑問に思ってしまった。相手もその子供も全然違う人間だと承知しても避けてしまう、という気持ちを表すための何かがほしかったかなあ。
 それにしても、ほんと“危険な恋”じゃなかったわ……(´∀`;)。
(★★★)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫