09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

□『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』2009(10/28公開)
 2009年6月25日に亡くなったマイケル・ジャクソン。その幻となったロンドン公演“THIS IS IT”のリハーサル風景を追ったドキュメンタリー。(監督:ケニー・オルテガ)



 見てきました。久々の映画館。これは大きな画面で見た方がいいかも、と思ったもので。
 マイケル、神になっちゃってたよ……。コンサートスタッフや共演するダンサー、ミュージシャンたちから見れば、彼は小さな頃からの憧れで、神格化しても無理はないんだけど、熱烈なファンでない私から見ても、あのカリスマは桁違いに思える。
 むしろ、音楽やダンスに対する真摯で完璧主義な態度の方が人間らしく見えるなあ。
 私はジャクソン5の頃からラジオなどで彼の歌を耳にしていたし、アルバム『スリラー』が大ヒットした頃は高校生だったので、絶頂期の熱狂ぶりも知っています。ジョン・ランディス監督『スリラー』のビデオクリップが世界初公開された時は、テレビの前で釘付けになりましたよ。彼の曲は今もiTunesやiPodで聞いていたりしますが、歌声はそのままなのに、世間で言われる彼の評判は次第にひどいものばかりになっていく。
 何事も過剰な状況というのは、人にいい影響を与えない。彼は紛れもなく天才であり、おそらく純粋な人(子供のまま?)だったと思われますが、周りにいる人間はそうじゃないもんね。それで歪まない、というのは、別の意味での歪みとも言えるかも。
 と、これは実は見る前に考えていたことで。映画で、自分のパフォーマンスに対しての厳しさや湧き出るアイデアなどを見ていると、そこだけは彼の絶対変わらない場所だったのかも、と思いました。でもそれも、若くして亡くなってから見えてきたもの。彼が元気でコンサートをやっていても、ファンでない人がそれを知ることはなかったでしょう。
 けど、歌だけはいつまでも変わらず。私は『ビリー・ジーン』が大好きなので、今日はそれを聞こう。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫