Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2009) › □『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

2009 · 11 · 18 (Wed) 15:51

□『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

□『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』2009(10/28公開)
 2009年6月25日に亡くなったマイケル・ジャクソン。その幻となったロンドン公演“THIS IS IT”のリハーサル風景を追ったドキュメンタリー。(監督:ケニー・オルテガ)

 見てきました。久々の映画館。これは大きな画面で見た方がいいかも、と思ったもので。
 マイケル、神になっちゃってたよ……。コンサートスタッフや共演するダンサー、ミュージシャンたちから見れば、彼は小さな頃からの憧れで、神格化しても無理はないんだけど、熱烈なファンでない私から見ても、あのカリスマは桁違いに思える。
 むしろ、音楽やダンスに対する真摯で完璧主義な態度の方が人間らしく見えるなあ。
 私はジャクソン5の頃からラジオなどで彼の歌を耳にしていたし、アルバム『スリラー』が大ヒットした頃は高校生だったので、絶頂期の熱狂ぶりも知っています。ジョン・ランディス監督『スリラー』のビデオクリップが世界初公開された時は、テレビの前で釘付けになりましたよ。彼の曲は今もiTunesやiPodで聞いていたりしますが、歌声はそのままなのに、世間で言われる彼の評判は次第にひどいものばかりになっていく。
 何事も過剰な状況というのは、人にいい影響を与えない。彼は紛れもなく天才であり、おそらく純粋な人(子供のまま?)だったと思われますが、周りにいる人間はそうじゃないもんね。それで歪まない、というのは、別の意味での歪みとも言えるかも。
 と、これは実は見る前に考えていたことで。映画で、自分のパフォーマンスに対しての厳しさや湧き出るアイデアなどを見ていると、そこだけは彼の絶対変わらない場所だったのかも、と思いました。でもそれも、若くして亡くなってから見えてきたもの。彼が元気でコンサートをやっていても、ファンでない人がそれを知ることはなかったでしょう。
 けど、歌だけはいつまでも変わらず。私は『ビリー・ジーン』が大好きなので、今日はそれを聞こう。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント