09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▼『遅れてきた恋人』シャロン・サラ

▼『遅れてきた恋人』シャロン・サラ(ハーレクイン)
 暴漢に家に押し入られたジェシーは、怪我をしながらも自力で退けた。それを知らされたキングが病院へやってくる。彼は両親を亡くした彼女を引き取った父の友人の息子だが、四年前に家を出てから会っていなかった。自分の恋心が彼へ届かないことに気づいたジェシー自ら彼から離れたのだ。("King's Ransom" by Sharon Sala,1992)



 鈍感なヒーローのお話。普通、いくら鈍感でも基本的に悪気はないので、過去のことは謝って終わり、みたいなのが多いけど、この作品ではけっこうきついしっぺ返しがありました。ていうか、シャロン・サラのヒーローはとても真面目なので、一連の悪いことは全部自分が鈍感だったせい、と打ちのめされてしまうのです。
 まあ、ヒロインがかなり怖い思いをしたのは確かだし、彼女をそんな目に合わせた犯人を彼が追いつめたとも言えなくもない。いや、もちろん逆恨みですよ。逆恨みなんだけど、もうちょっと空気読める男だったら、違う結末にはなっていただろう、とは思う。けど、他の人の作品だとそれは適当にスルーだよな、と思った。シャロン・サラは許さない。優しい人が怒ると怖いって感じ?
 ただヒーロー自体、鈍感以外は誠実ないい人なので、爽快感などには欠ける。それが惜しい。鬼畜傲慢な奴がこれくらい打ちのめされると楽しいんだけど(´∀`;)。
 ラストのヒーローのセリフを読むとわかるけど、邦題がとても秀逸。原題はエド・マクベインの87分署シリーズ『キングの身代金』と同じですね。ていうか、読んでいる時も思ったけど、ネタ同じ……オマージュかしら?
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫