Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2009) › □『2012』

2009 · 12 · 01 (Tue) 15:48

□『2012』

『2012』2009(11/21公開)
 2012年、ジャクソンは、別れた妻の元にいる子供二人を連れてキャンプへ行こうとしたが、あるはずだった湖は干上がり、軍部によって拘束もされる。妻の住む地域は地割れや地震に襲われるが、政府は「心配ない」と発表する。ジャクソンは、キャンプ地でそれを否定する男に出会う。(監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、ダニー・グローヴァー、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン他)

 今までのディザスター映画の集大成のような作品です。なんたって『日本沈没』ならぬ「世界沈没」。災害全部載せです。
 CGの細かいところまで見るため、大きな画面で見たようなもので──ストーリー等には何も期待していませんでしたし、予想どおりでもありました。過去の様々なパニック映画を彷彿とさせるシーンがてんこもり。
 けど、何だか途中からアニメを見ているような気分になってきたよ……(^^;)。実写のシーンがたまに出てくると「あっ、この水、本物だ!」と思うっていいんかいな……。
 つまんなくはないんですけどね。大きな画面でなら、見る価値はある。DVDだと細かすぎてつらいかも。
 日本には、こういう地球規模ディザスター映画のいい原作があるのになー。梶尾真治の「OKAGE」は映画化するって言ってたのに、やっぱり無理だったのかしら……。
 それにしても、さすが金持ちのリムジンは丈夫だな~。
(★★★)
[Tag] * ★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント