10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

●『祈り届くとき』パトリシア・ポッター

●『祈り届くとき』パトリシア・ポッター(ハーレクイン)
 シェリーズの幼なじみで初恋の人であるライアンが帰ってきた。南部で生まれたのに北軍で戦った彼は、もう戻ってこないと思っていたのに。戦争の傷跡が深く残る故郷の町も、親友であったシェリーズの兄も彼には冷たい。だが、彼女は心から「あなたが帰ってきてうれしい」と告げる。("The Homecoming" by Patricia Potter,1995)
・アンソロジー『クリスマス・ストーリー'96 四つの愛の物語』



『クリスマス・ストーリー'96 四つの愛の物語』最後の一編はヒストリカル。南北戦争直後のお話。
 他の三編と比べると、戦争が背景にあるので少し重い雰囲気。何でこれを最後にしたんかな、と最初は思ったけど、その分感動作になっていました。わかりきった展開ではあるんだけど、戦争という何もいいことがない(あっても犠牲が大きすぎる)状況から立ち直っていく市井の人々の想いは、どんな世にも共通するものです。(そういえば、昔少女マンガでこれと同じテーマの作品を読んだことあったなあ……。「その時、青い軍服を脱げばいい」って最後のシーンが印象的だったような……誰のだったっけ……木原敏江だったかな……)
 ロマンスというより、家族の絆や人の素朴な温かさを描いたお話でした。ていうか、四編全部そうだったね。
 日本でこういうしみじみした人情話に結びつく行事って何だろう……? クリスマスじゃないよね。となるとお正月っていうか、大みそかかなあ。帰省の時ですね。けど、お盆は違う。こういう話は、やっぱり冬が似合う気がします。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ アンソロジー

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2019年10月 | 11月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫