Top Page › 読書の感想 › ロビン・ドナルド › ◆『成熟』ロビン・ドナルド

2009 · 12 · 13 (Sun) 08:38

◆『成熟』ロビン・ドナルド

◆『成熟』ロビン・ドナルド(ハーレクイン)
 17歳の時に父を亡くし、その直後にコーナルと結婚したキャトリンは、わずか半年で家を飛び出した。それからは1人で生きられるように大学で勉強し、会計士の資格もとった。書店を開く資金のために6年間ぶりに夫と会わなくてはならないが、そのあとは速やかに離婚しようとキャトリンは思っていた。("Return To Yesterday" by Robyn Donald,1985)

 ヒーロー、何で17歳のヒロインと結婚したんだろうか……。その時はまだ愛しているって自覚はなかったようなのに。「欲しい」と思ってはいたみたいだけど、子供だから手が出せなくて浮気するくらいなら、ただの後見人でいるだけでよかったんじゃないかと。
 再読です。ページを繰る力はあるとはいえ、こんなにヒーローひどかったのか……orz 浮気現場にヒロインに踏み込まれて怒られたあげく、逆ギレしてレイプ。彼女は初めてだったのに……。6年後に再会してもまともに謝りもしないしさあっヽ(`Д´)ノ それどころか「お前も楽しんだだろ?」みたいなことを──その考え方、性犯罪者とそっくりですから! 夫婦間のことは当事者にしかわからないものではありますが、いくらなんでも不愉快だよ。
 だから、ヒロインがそんな不誠実で気持ち悪いヒーローに惹かれるのも許すのもまったくわからん。私だったら、お金も何もいらないから、とりあえずは離婚する! 17歳だったら、やり直せる!
 誰か、それをヒロインに教えてあげたらよかったのに。いや、今からでも遅くない。こんな気持ち悪い男とは、やっぱ別れた方がいいと思うなあ。

[追記]
 邦題と原題が全然違うので触れなかったのですが、この邦題このストーリー──まるで、日活ロマンポルノのようだ。
 うん、考えれば考えるほどそれっぽい。男の煩悩を満たす話だよ。
(★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント