09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ナンバーワンは誰だ

『パッション』を再読して、大好きなヒーロー5人の作品感想をブログに載せられたので、果たしてこの中の誰が“最愛の君”なのか、というのを決めたいと思います。
 自己満足な記事なので、ご注意ください(^^;)。



 候補はこの5人。あいうえお順に並べてあります。偶然にもリサって名前の作者が3人も。

 ザディスト(『運命を告げる恋人』J・R・ウォード)
  ……顔に傷持つ冷酷な吸血鬼

 セス・マッケイ(『そのドアの向こうで』シャノン・マッケナ)
  ……弟の復讐に燃える野獣のような男

 ダグラス・コワルスキ(『真夜中の天使』リサ・マリー・ライス)
  ……沈着冷静な特殊部隊の鬼教官

 デレク・クレーヴン(『あなたを夢みて』リサ・クレイパス)
  ……裏社会を知り尽くした高級賭博クラブのオーナー

 マーク・ホークモア(『パッション』リサ・ヴァルデス)
  ……母と弟の秘密に翻弄される伯爵

『あなたを夢みて』『パッション』はヒストリカル、『運命を告げる恋人』はパラノーマルです。あとの二つはロマンティックサスペンス。お、コンテンポラリーが一冊もないなあ。
 しかし、私に“最愛の君”という言葉が似合わないこと(´∀`;)。私にというより、この5人にか。だって、何だかまともな奴がいない……orz おそらく、この中で世間的にまともに見えるのは、『パッション』のヒーロー、マークだけだと思います。外見が美しく、身分も伯爵で財産たっぷり。
 しかし、私にはそれほど価値のある魅力ではありません。顔も身分もどうでもいいし、貧乏でも全然かまいません。とはいえ、ロマンス小説で貧乏なヒーローというのはあんまりいないので、他の男たちもみんなお金持ちという点では問題ない人たちばかり。ザディストだけが、どうやって資金調達されているのかわからない組織に属してますけど、その点では他の人もグレーゾーンあり。真っ当な財産状況なのもマークだけではないか、と思ったり。だから、けっこうこの人は私の好みからすると特殊な人と言えます。
 その理由は、私がヒーローとして価値を見出すのが「苦悩しているかどうか」だからではないかと。マークは、やっぱり一番苦悩していた。私がもっとも萌える苦悩「自分は彼女にふさわしくない」ではデレクが一番なんですが、それじゃないのに、苦しみ方や悩みの深さで他を圧倒。切ない話が好きなので、その点でもツボなんだよねえ。
 とはいえ、それだけではないので、部門ごとに分けて順位をつけてみました。そして、そのポイントを合計。そしたら、こんな結果が出た。

 1.デレク・クレーヴン
 2.セス・マッケイ
 3.ザディスト
 4.マーク・ホークモア
 5.ダグラス・コワルスキ


 おお、やはりデレクが1位になった……。セスと最後まで競っていたのですが。
 一つ一つコメントも書こうかと考えたんだけど、それがモロにネタバレになったり、順位だけでもネタバレの部門があったりで、ぐしゃぐしゃ書いたけど全部カット。部門は「苦悩」以外には、「過保護」「鬼畜傲慢」「犯罪者」(^^;)などあり。
 驚いたのは、コワルスキがけっこう低かったこと。比較してわかったけど、実はこの人が一番まともな人なんじゃないのか……。理由を言うとネタバレ?
 デレクが1位だからというわけではなく、ぶっちゃけ『あなたを夢みて』が一番人にすすめやすい小説でもあるのです。あとはみんなクセがある。すすめるだけだったらスーザン・エリザベス・フィリップスあたりの方がいいとは思うんだけど、この人のヒーローはズルしてばっかでちっとも悩まないからな(-ω-;)。ヒロインの方がいい作家だよね。えっちぃのでもドンと来いの人なら、絶対に『パッション』なんだけど。
 ザディストは最近久しぶりに大好きになったヒーローですが、なかなかそういう男は見つからない……。悩み方にもやっぱりツボがあるし。
 コツコツ読んで見つけるしかないですね。
web拍手 by FC2
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫