09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『アバター』

『アバター』“Avatar”2009(09/12/23公開)
 西暦2154年。戦争で下半身不随になった元海兵隊員のジェイクは、地球から5光年離れた衛星パンドラで行われている“アバター・プロジェクト”に、死んだ双子の兄のかわりに参加することになる。“アバター”とはパンドラに住むナヴィという生命体と地球人のDNAを掛け合わせた肉体で、特殊なカプセルで意識を転送し自由に行動できるのだ。ジェイクはアバターを操り、パンドラのジャングルを調査するうちに、ナヴィ族の娘ネイティリと出会う。(監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー他)



 いろいろ都合があって、2D字幕版のしか見られなかったのですが──前半は退屈だとか、予告編で予想したとおりのひどい侵略話だと思ったりもしたのですが──はっと気がつくと、いつの間にかIMAXシアターの3D吹替版を見に行こうかと思っていた、という──『アバター』……恐ろしい映画。
 いつ見に行けるかわからないし、見るとまた変わる可能性があるので、暫定の感想です。
 とにかく、古今東西のSF系ファンタジー系の映画やアニメの集大成のような映画です。基本の下敷きは、キャメロン自身がかつて監督した『エイリアン2』なんじゃないか、と踏んでいます。リプリーシガーニー・ウィーバーも出てるし。パンドラから産出される高額な鉱物飛行石アンオブタニウムによる自社の利益のことしか考えていない奴とか、ヴァスケスみたいなミリタリー姐さんとか、「ああ、いたいた」みたいなデジャヴ感。エイリアンだとああいう外見だからそんなに感情移入はしないけど、ナヴィほど作り込んであると戦闘シーンとか見ててつらいです。
 ま、これはセルフカバーだからいいんですけど、いろいろと、いろいろとその、いろいろと──あ、なんか川柳みたいになりましたけど(^^;)、まあそれでも文句を言う気にあまりならないのは、映像に圧倒されるからなのでしょう。「文句言われないものを作ってやろうじゃないか」という気概は天晴れ。
 ロマ本読みとしては、よく言えば純真──つまり非常に単純なヒーローが、単純故に強いヒロインに影響されて変わっていく、というロマンスを楽しみました。苦悩よりも行動(ただし策なし)のヒーローだけど、思い切りはよろしい。サム・ワーシントンみたいな顔は好きだし、ラストはなかなか萌えたなあ。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫