Top Page › 読書の感想 › キャシー・ウィリアムズ › ◆『天使のもう一つの顔』キャシー・ウィリアムズ

2010 · 02 · 04 (Thu) 07:12

◆『天使のもう一つの顔』キャシー・ウィリアムズ

◆『天使のもう一つの顔』キャシー・ウィリアムズ(ハーレクイン)
 ルースは田舎の小さな村の牧師の娘。親から独立し、1年半前からロンドンで一人暮らしをしている。しかし世間知らずで無垢な彼女は、勤めている会社の新オーナーの顔さえ知らなかった。オーナーのフランコは今時珍しいほど純真なルースに惹かれ、ある仕事を彼女に持ちかける。("The Baby Scandal" by Cathy Williams,2000)

 女慣れしているはずのプレイボーイが、無垢な天然娘に惚れたはいいが口説き方がまったくわからず、エロエロで萌え萌えな妄想に駆られて暴走──というお話。ヒロイン、あっさり食べられてしまいます。そして妊娠(´∀`;)。本気にされていない、と思っている彼女は、実家に逃げちゃう。逆上したヒーロー、ヒロインを探し出す。
 ここまで感情的に突っ走っているのに、全然自分の気持ちを把握できていない男でした。特に後半は一人で混乱しています。用意した仕事も結局一緒にいたいがための口実で、彼女に声をかけた男を殴ったり、話半分で妄想にふけったりというどうしようもないヒーロー……orz
 とはいえ、いったん自覚したあとは、

「もし彼女が僕を愛していないというのなら、愛し方を覚えてもらえばいい」

 と思い、なおかつ、

「(彼女との)こんなすばらしい未来が待っているのなら、少しくらいプライドが傷ついたからといって、それがなんだというのだ?

 そうだよ! しょーもないプライドにしがみつく他のヒーローたちにも言ってやれ!ヽ(`Д´)ノ
 後半のとっちらかりぶりが少し惜しかったけど、ヒーローのこの心の叫びは大変よかったです。
(★★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント