Top Page › 読書の感想 › リンダ・ハワード › ◆『熱い闇』リンダ・ハワード

2010 · 02 · 07 (Sun) 09:49

◆『熱い闇』リンダ・ハワード

◆『熱い闇』リンダ・ハワード(MIRA文庫)
 キャロラインは天才的な頭脳を持つレーザーの研究者。だが、小さな頃から勉強づけで年齢の違う学友たちと親しくなれず、男性ともつきあわないまま大人になってしまった。そんな彼女が初めて恋をしたのは、空軍大佐で伝説的なパイロットであるジョー・マッケンジー。だが、彼は一時的な情事を望んでいるだけだ。("Mackenzie's Mission" by Linda Howard,1992)
・〈愛と勇気のマッケンジー家〉シリーズ第2作

『マッケンジーの山』から始まる〈愛と勇気のマッケンジー家〉シリーズ、長男ジョーのお話。
 これを読んだら何だかスイッチが入ってしまい、四男ゼインの話『愛は命がけ』をひっぱりだして再読しちゃった。順番に読むとやっぱり楽しい。一人娘メアリスと養子チャンスのも買ってあるから、続けて読みますよ。さらに他のリンダ姐さんの本もいっぱい買って来ちゃったよ(´д`;)。
 ロマンス小説を読み始めた頃は、リンダ・ハワードの名前がとにかく目についたからたくさん読んだんだけど──トータルで見てみるとリンダ姐さんは、ほどよい長さのロマンスメインのお話の方が安定感バツグンではないかと。しかもヒーローはみんな私好みで、ほんとに安心して読める(*´ω`*)。今回のも、軍機密に関わるサスペンスがアクセントに入ってるけど、あっさり処理していてかえって効果的だと思うんだよね。本格的なロマサスももちろんいいんだけどさ。
 ジョー、いいなあ……。抱えていた秘密をヒロインに打ち明けられたことがとてもよかった。あと、ヒロインの怒り方が怖いのが素敵。怒り方だけじゃなく、飛行機乗りの妻の不安をわからせるための方法がまた、ヒーローを心底震え上がらせそうで楽しそうな夫婦です(傍から見る分には(^^;))。
 マッケンジーの実家も元気そうでよかったよかった(親戚気分)。
(★★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-23-21:25

- URL [ 返信 ]

これからもよろしくお願いします!

 コメント&お気遣いありがとうございますヽ(´ω`)ノ
 親戚気分になってくると、シリーズを全部読みたくなるのが困りものです(´∀`;)。他の兄弟のもあるのかと探したりしましたけど、『マッケンジーの娘』で終わりなんですよね。ちょっぴり残念です……。
2013-02-24-15:15

三原白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-02-26-22:05

- URL [ 返信 ]

タイトル

 コメントありがとうございます。私も『マッケンジーの山』が一番好きです!

 邦題は翻訳者さんや編集さんで決めるんじゃないでしょうかね?
 私はよく、タイトルがごっちゃになる時があります(^^;)。読んだかと思ったら、別の本とか。
 けっこう混乱します(´д`;)。
2013-02-27-15:47

三原白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]