11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『マッケンジーの娘』リンダ・ハワード

◆『マッケンジーの娘』リンダ・ハワード(ハーレクイン)
 ひどい頭痛で目を覚ましたメアリスは、そこが自分のベッドではなく、隣に裸の男がいることに気づく。彼に見覚えはあるものの名前が思い出せない。昨日の昼からの記憶もなくなっている。しかも、頭には殴られたような傷もある。いったいこれは、どういうことなの?("Mackenzie's Magic" by Linda Howard,1996)
・アンソロジー『クリスマス・ストーリー'97 四つの愛の物語』
・〈愛と勇気のマッケンジー家〉シリーズ第4作



〈愛と勇気のマッケンジー家〉シリーズの一人娘、馬の調教師メアリスのお話。『クリスマス・ストーリー'97 四つの愛の物語』の一編。
 これは──別にクリスマスじゃなくてもいい話……人寄せパンダゲフンゲフン──いや、記憶に残る式を挙げたいというのは、いつの世もどの国の人も同じなようで(^^;)。
 前半というか、メインのはずの種牡馬に絡む犯罪話もけっこう面白かったのですが、後半のヒロインの結婚式の話で全部ぶっ飛んだ感じです。一人娘とかわいい妹をとられたマッケンジー家の父と五人の兄ににらまれるヒーロー、マックの様子がおかしい。一対一なら負けないと思うヒーローでしょうが、束になってかかられたら内心「聞いてないよ!」と言いたくもなりそう。
 しかし、マッケンジー家──招待客が全部入りきらなくても、家族はきっと全部泊まれるんだよね……。すごいなあ。『マッケンジーの山』って比喩じゃなかったのね! 山をほんとに所有してたんだ……。『マッケンジーの山』にそういう描写はありましたっけ? →関連作品:『熱い闇』『愛は命がけ』
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ アンソロジー シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫