09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『憎しみもなにもかも』リサ・クレイパス

●『憎しみもなにもかも』リサ・クレイパス(ライムブックス)
 19世紀イギリス。「ボウ・ストリートの修道士」と称される治安判事のロス卿は、判事補佐官の職に応募してきた美しい女性ソフィアに目を奪われる。危険すぎるという理由で採用を断ろうとするが、彼女はどうしてもと言い募り、結局ロスは根負けしてしまう。ソフィアには彼のそばで働く理由があった──亡き弟の復讐のために。("Lady Sophia's Lover" by Lisa Kleypas,2002)
・〈ボウ・ストリート〉シリーズ第2作



〈ボウ・ストリート〉シリーズの二作目。一作目『想いあふれて』のヒーロー上司が主役。再読です。
 最初にこれを読んだ時、シリーズ全作をあらかじめ揃えて「さあ読むぞ +(0゚・∀・)+ ワクテカ +」していたにもかかわらず、ネットでネタバレを読んでしまってガックリしてしまったのでした……orz
 けど、改めて読んでみたら、ネタバレしてなくてもバレバレだよな(^^;)、と思った。『想いあふれて』もそうだったけど、奇をてらったところがないというか、ぶっちゃけありきたりなストーリーですよ。とはいえ、そこで勝負しようとしていないところがリサ・クレイパスの人気なんだろうなあ、と思う。
 何しろヒーローが、甘えたですから(´∀`;)。表向きの顔とヒロインにだけ見せる顔のギャップがかなり激しい。ギャップ萌えの方には最適な男ではないかと思います。俺様とか傲慢とか過保護とかはよく見るけど、「甘えたさん」というのはあまり見ない気がします──いや、私見でしかありませんけどね。とはいえ彼の場合、リバウンドというか、本来甘えたさんだったのを前の結婚で抑えざるをえなかったから、ではないかと……。
 一作目から読んでみると、同じようなメロメロヒーローに見えてちょっと違う、というのが面白い。やはりクレイパスはヒーローを描くのがバツグンにうまいよね。まったく違うキャラを作るというより、同じようなタイプを微妙に描き分けるという感じで、ハズレがないのもうなずけます。萌えをはずさないってことだもんね。でもこれって、実はものすごく難しいことだよ。ありきたりな話ってのもつまりは、王道だしさ。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ライムブックス ★★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫