09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『悲しい初恋』キャシー・ウィリアムズ

◆『悲しい初恋』キャシー・ウィリアムズ(ハーレクイン)
 大学生の頃、シャーロットはトスカーナのワイナリーでリカルドと恋に落ちた。彼が勤め先の御曹司と知らないまま。彼女は彼を心から愛したが、彼はそうではなかった。それから8年。不動産の仕事をしているシャーロットは、投資のため物件を見に来たリカルドと再会する。("The Italian Billionaire's Secret Love-Child" by Cathy Williams,2007)



 イタリア人ヒーロー&シークレットベイビーもの。原題で想像できることはすべて入っていると言っても過言ではありません(´∀`;)。
 ヒーローはアホです。ボロ切れのようにヒロインを捨てて、再会するまですっかり忘れています。そんな自分のことは棚に上げて、子供のことを言わなかったヒロインを非難する。

 ああっ!?(-"-;) どの口でそんなこと言うんだっ(゚Д゚)ゴルァ!!

 言えるわけないじゃん(-ω-;)。少し考えればわかるだろ? バッカじゃないの!?
 ──基本的に全編そんな感じのヒーローです(^^;)。バカ丸出しで見当違いのことばかり主張して、勝手にヒロインの家へ押しかけたり、ネット工事しちゃったりする。娘の手前、それをなし崩しに許してしまうヒロイン。
 どうして「もう終わったことだから」とサバサバしたヒロインっていないのかなあ。サバサバヒロインを何とか振り向かせようと苦労するヒーローの話が読みたいなあ。
 けど、ハーレは基本的に性的緊張感を軸にしないといけないみたいだしね……。それがないところから始める、というのはダメなんだろうな。
 子供を楯にとって結婚を強制したり、裁判を起こすとかって脅したりする奴じゃなかっただけまだマシか──ってはっ! ダメダメ! 常識の行動を長所と思わせる策略にハマってはダメ!
 ──しかしいろいろ不満はあるものの……割と泣けてしまったりして。くやしいけど、この手のものが好きな人にとってのツボは押さえている感じですよ。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

これ、私も持ってます~

確かに、白さんのおっしゃる通り、あほあほヒーローでしたよね~。(^^;ゞ
でも、物語の作りとしては、なぜか結構好きなんです。
ヒーローはヒロインと復縁しようとしつつも、結構嫉妬に苦しめられているし。色々行動を起こしてはみたものの、どことなく自爆気味なところとか。
つくづくお馬鹿さんですが、こういうヒーロー、嫌いじゃないです。(* ̄∇ ̄*)

つくづく……

 りらっくまま様
 そうなんですよー、バカバカ言いながらも、ついつい引き込まれるんですよねえ……orz
「バカな子ほどかわいい」というのをつくづく実感してしまうような気持ちになります(^^;)。

NoTitle

はじめまして

楽しく読ませていただきました

私はシークレットベイビーやハイランドの話が好きです

シークレットベイビーものを読むといつも子供に対する価値観(?)の違いが気になるんです

子供が出来たことを黙っていると、ヒーローが必ず激怒し、面会権などをふりかざす記述が多いですよね
欧米人て子供の成長が見れないのがそんなに辛いのかな?なんて思いながら読みます

ハイランドのは好みにより、当たり外れがあるなぁ~なんて思います

良かったらリンクして良いですか?

はじめましてー

 店長ママ様
 はじめまして。
 ロマンス小説の子供というか家族への価値観というのは、割と画一的ではないか、と思ったりしています。制限というほどではないと思うのですが……。
 ハイランドものはまだそんなに読んでいないのですが、積ん読の中に何作かあるのでこれから楽しみです。

 リンクしてくださるのなら喜んで。こちらからも、させていただいて……よろしいですか?

NoTitle

ありがとうございます&こちらこそよろしくお願いします

ちょっと言葉が足りなかったみたいで、価値観の違いというのは日本人と欧米人の子育てについてだったんですが・・・

言葉って難しいですね

それでは、これからもお邪魔しまーす

こちらこそ……

 すみません、私も言葉が足りなかったですね。
 欧米と日本との違いも確かにありましょうが、ロマンスという小説のジャンルを執筆する場合の規範となるものが、家族関係に関してもあるのではないか、ということだったんです。出版社だけでなく、作家個人にも。「読者が何を望んでいるのか」というのが、その価値観に影響しているんじゃないか、と私は思っているのです。
 日本でも、ラノベなどはあると聞きますしね。

 それでは、よろしくお願いいたしますー。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫