11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『この愛はぜったい秘密』ミランダ・リー

◆『この愛はぜったい秘密』ミランダ・リー(ハーレクイン)
 サマンサはショービジネスのエージェントとして成功しているガイの秘書になって五年。その間、彼は自分と正反対の女性とばかりデートして、見向きもされない。サマンサはついに辞表を出すが、その直後ガイの父が倒れ、動揺した彼が妙なことを口走る。「結婚はしたくないが、子供を生んでくれる女性を探してほしい」──彼女はさりげなさを装って言った。「私ではどう?」("A Daring Proposition" by Miranda Lee,1992)



『大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション』の一編。再読です。ネットで検索しても原題が見つからなかったので、本を掘り起こしたよ……(´д`;)。
 昔の読書メモには、

「よくある社長と秘書の話だが、二人が交わす契約があさはか。子供がかわいそうじゃん! ちょっと興ざめしてしまった。傲慢ヒーローにも慣れてしまっているしね」

 とあったのですが、読み直したらけっこうよかったよ(´∀`;)。あれれ?
 確かに子供の将来のことも考えずにこういう契約をするのは浅はかなんだけど、結局ただの口約束だし、ヒーローが望んでいるのは円満離婚した夫婦とほぼ変わらない関係ってことなんだよね。結婚した時は愛情があって、子供の将来もしっかり考えていた夫婦でも、突然亀裂ができて別れてしまって子供巡り泥沼、というのは充分ありえるわけだから、思ったよりもひどくはなかったなあ、と。
 実際、一回ベッドをともにしたらヒーロー、自分の気持ちにびびってしまう。今までヒロインの気持ちに気づかなかったのはおバカさんだと思うけど、彼は自分がろくでなしだと自覚しているんだよね。ヒロインはちゃんと結婚して幸せになるべき女性だとも思ってる。過去のこともあるし、彼女を幸せにするのは自分みたいな男ではない、と感じていたらしいです。
 それがヒロインをずっと悲しませていたわけだけど、そのかわり「謎の片思いの相手(ヒーロー自身のこと)」に対して激しくいらない嫉妬をしている様子が楽しかった。それが何ヶ月も続いたそうなので、傲慢な奴でも少しは許せるかな、と今回は思った次第です。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★ ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ★★★☆ ロマンス映画 ★★★ ヒストリカル ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫