11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『疑われても』リリアン・ピーク

◆『疑われても』リリアン・ピーク(ハーレクイン)
 小説家を夢見るテリーは、ロンドンを離れてスコットランドへやってきた。ここで裕福な老婦人ミセス・スチュワートの秘書として働きながら、作品の構想を練るのだ。だが、ミセス・スチュワートの孫で科学者のブレンダンは、彼女に疑いの目を向ける。彼の研究が重要な段階に入っているからだ。("Innocent Deceiver" by Lilian Peake,1994)



 つまりはヒロインはスパイとして疑われてしまうわけですが、
「まだデビューできるわけでもないのに『小説書いてる』とか言うのは恥ずかしい」
 という奥ゆかしさがあだとなり、なんかいろいろややこしくなっていきます。
 今だとちょっと話に無理があるかも。ヒロインの潔白を証明できる姉の仕事先に連絡が取れないんだけど、秘境ならまだしもニューヨーク──いや、1994年で科学雑誌の編集者ではこの段階でも無理があるかも?
 まあ、どっちにしろヒロイン本人が連絡を取れなければ、疑いを払拭できないような仕組みにはなっていたんだけどね。
 このスパイ疑惑に枚数を割いてしまい、ロマンスの解決がものすごい駆け足だったのが惜しい……。とっちらかったまま終わってしまったな。ヒロインの過去にいろいろあったようなのに、全然触れなかったような気がしたよ(^^;)。
(★★☆)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★ ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ★★★☆ ロマンス映画 ★★★ ヒストリカル ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫