09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『氷の伯爵』アン・グレイシー

●『氷の伯爵』アン・グレイシー(ハーレクイン)
 タリーは両親を失い、遠い親戚の屋敷で家庭教師をしていた。ある日、屋敷でホームパーティが開かれる。ダレンヴィル伯爵マグナスの花嫁探しのためだ。彼があげた花嫁の条件は「歯が丈夫で腰が大きく気性が穏やか」。繁殖用雌馬じゃあるまいし、とあきれたタリーだったが、なぜか選ばれたのは彼女自身だった。("Tallie's Knight" by Anne Gracie,2000)



 ともに天然が入っているヒーローとヒロインのかわいいラブコメでした(*´ω`*)。
 ヒーローは、淋しい幼少期を送ったせいで感情を表に出さない美貌の“氷の伯爵”。でも、友人の家で子供の愛らしさに魅了され、自分の子を望むようになる。そのためには妻を持たないとっ、と思い、子供と子犬をかばうヒロインに理想の母親像を見て、とりあえず結婚してしまいます。
 ヒロインは空想癖があり、つらい時はそれで乗り切る好奇心旺盛な女の子。愛ある結婚を夢見ていたけど、孤児と文無しの現実はそう甘くなく、ヒーローと渋々結婚するしかなくなります。
 この適当な結婚から始まる新婚旅行のくだりが実に楽しい。「どうせなら楽しんじゃえ!」と開き直ったヒロインに振り回されっぱなしのヒーロー。けど、幼い頃から傷つき疲れた彼は、感情を封じるような生活を送っていたのに、彼女の好ましい部分に気がつくたび、ずっと求めていた温かな愛を少しずつ見出し、生き生きとした情熱を取り戻していく。あまり歪まなかったのは、元々の性質が柔軟だったのかな?
 彼女のためにいろいろしてあげても、初めての恋に戸惑う少年のようで実に不器用なんだけど、すごく素直なので憎めないし、そこから生じる誤解も笑いを誘う。頑なじゃないし、しょーもないプライドもなくて、見た目よりもずっと優しい男です。
 ヒロインもそんな彼の優しさにだんだん惹かれて、ついに愛するようになる。でも、跡継ぎのための結婚だし、馬みたいな条件で選んだんだから、夫は自分を愛してはくれないだろう(´・ω・`)、と思っている。
 後半でヒーローがヒロインのためにあることをするのですが、その時の置き手紙がひどい(´∀`;)。いや、読者には丸わかりなんですが、「まったく鈍感なんだからっ」みたいな苦笑が漏れる文章です。でも、その鈍感さが妙にツボに入っちゃってね。悪気は全然ない人だからさ。
 常日頃考えることなのですが──ロマンス小説のヒーローとヒロインたちというのは、どうしてこうも考えすぎるのだろうと。今考えなくていい余計なことをこねくり回している間に当たって砕けろ! と思うことも多々あります。この作品の主人公二人は、そういうことがなくて、本当によかった。考えないこととか、感情のまま突っ走ることがいいというわけではもちろんないのですが、たまには素直なカップルの話も読みたいのですよ。まっすぐに相手のことを思いやっていても起こるすれ違いって、笑えるんです。笑えると同時に、二人の気持ちもわかってるから、ちゃんと切なさもある。それが解決された時の幸福感はほのぼのとして、愛おしい。
 正しく「ハッピーエンド」を味わえる作品だと思うのです。
(★★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆

おおっ当たりでしたか☆

このタイトルには見覚えが……。確か、以前何気にお気に入りに入れておいたまま、未購入になっている書籍です。(^^;ゞ
今度中古本で探してみようかな。
それにしても、近場の図書館でハーレが読み放題って、お財布に優しい環境ですね。v-22
うちの近所の図書館は、ハーレがどうこう以前に、自治体の財政状況大丈夫なんだろうかと、思わず心配してしまうような品揃えです……。e-351

読書環境も変わりそうですが

 りらっくまま様
 私もずっと読みたいと思っていた作品だったんです。例の図書館で見つけて読んだのですが、とても気に入ったのでやっぱり購入する予定です。
 電子書籍がもっと一般化して、こういうハーレの昔の作品をばかすか出してはくれないか、と──200円くらいにしてくれれば、B○○K○FFにも負けないと思うのですが、安すぎるかしら(^^;)。
 最近レンタルビデオも、PS3なんかだとダウンロードして2週間後に消えてしまうのとかありますよね。図書館というか、出版社もそういう形式で貸し出しをしたらどうなんだろう、と思ったりしています。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫