02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

▲『パリは恋と魔法の誘惑』ケイティ・マカリスター

▲『パリは恋と魔法の誘惑』ケイティ・マカリスター(ハヤカワイソラ文庫)
 アシュリンは、伯父に頼まれてドラゴンをかたどった黄金の水差しを届けるため、パリへやってきた。だが、受取人の女性は魔法陣の中で殺されており、居合わせた謎の男性ドレイクに水差しを持ち去られてしまう。彼を探すため、怪しいクラブに潜入したり、大きな犬そっくりの魔物を召喚してしまったり、“ガーディアン”と呼ばれたり。その上、ドレイクの伴侶とまで言われて──。("You Slay Me" by Katie MacAlister,2004)
・〈アシュリン&ドラゴン〉シリーズ第1作



 おしまいにあった謝辞に、読んだばかりの『愛をささやく夜明け』作者、クリスティン・フィーハンの名前があって、偶然にびっくり!
〈アシュリン&ドラゴン〉シリーズ第一作目。一人称ですよ(^^;)。ロマンス系の一人称がちと苦手な私……。なぜかというと、一人称だと基本的に他の人の視点がないので(別の視点を三人称で入れたりするのもありますが、それって何のための一人称……orz)、主人公が気に入るか気に入らないかで評価がだいたい決まってしまうから。
 この作品のヒロインは微妙だ……。悪くはないけど、抜けすぎ。自分が冥府の門を守る“ガーディアン”という大きな力の持ち主であることをまったく知らないヒロイン。それはいい。殺人事件の犯人探しのため、向こう見ずにも妙なところへ首を突っ込んでいくのも別にいい。
 ただそのあとの展開が運に頼りすぎ……orz いきあたりばったりで最後まで行ってしまう。ドタバタコメディと言えば聞こえはいいけど──これってやっぱり笑わそうとしてるんだよね? まあ、もちろん日本の笑いと欧米の笑いはだいぶ違うとは思いますが……ヒロインのキャラを笑うのはいいとしても、お話の展開までそれに頼るあまり、不必要に抜作になっているような気が(^^;)。笑いの伏線も弱いんだよね。(私は)そのせいでメインのミステリー部分を見失いましたよ……orz いいか悪いかよくわからない……。
 アシュリン&ドラゴンというように、ヒーローはドラゴンなんです。グリーン・ドラゴンのワイヴァーン。この人、なかなかよかったけど、なんか影薄い……。ニューファンドランド犬の魔物の方が、私は好きだなあ。彼は、魔王アマイモンの配下なのだそうです。名前はジム。はああ……アンミツとかマメカンとかゼンザイとかの方が(´д`;)……残念。
 ロマンスというより、キャラクターを楽しむ小説って言えるかもしれないね。コメディエンヌのヒロイン主演の映画や舞台みたいな。ヒロインを気に入れば、ばっちり。私はちょっといけませんでしたが、きっと面白く読める人いると思うよ。
(★★★)
web拍手 by FC2

tag : パラノーマル ハヤカワ文庫 ★★★ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    01月 | 2020年02月 | 03月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ★★★☆ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫