09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『ひそやかな初夏の夜の』リサ・クレイパス

●『ひそやかな初夏の夜の』リサ・クレイパス(ライムブックス)
 19世紀半ばの英国。24歳のアナベルは名家の娘だが、家は落ちぶれ持参金もない。そのせいで求婚もされずに3年、社交シーズンを過ごしてきた。彼女は同じく“壁の花”の女性3人と知り合い、互いの結婚のため手を貸すことになる。アナベルは上流社会で生きていくため、どうしても貴族と結婚したかった。そう、ただ裕福なだけで粗野な実業家、サイモン・ハントのような男ではなく──。("Secrets Of A Summer Night" by Lisa Kleypas,2004)
・〈壁の花〉シリーズ第1作



〈壁の花(ウォールフラワーズ)〉シリーズをついに読み始めてしまった! 立て続けに読んでしまいそうでどうしよう、と思ってたけど、やはり読みたいものを優先した方がいいだろう、ということで──読んじゃったよ。やっぱり続けて読んでますよ(^^;)。
 ヒロインは、そんなにお高いという印象はないけど、生きてきた世界が狭いというか、モラトリアムみたいな気持ちを抱えている雰囲気です。自分の居場所は上流社会と決めつけ、ヒーローのような平民と結婚すると見下されてつまはじきにされる、と本気で信じていた(ヒーローの親友ウェストクリフ伯爵に言わせると)「自己中心的で浅はかな」人。そう思いながらも結婚したわけですから、ウェストクリフ伯爵やヒーローの家族から「金目当てで結婚した」と思われてしまいます。そこら辺、強く反論できない自分にモヤモヤ。
 でも、こういう考えの人はいつの時代もいるというか……上か下か、みたいなものの見方はどうしても消えるものではないし、厳しい階級制度が実際にあったり、暗黙の了解として存在している国はいくらでもある。明確な目標を持つことが難しいのが今の日本でもあるので、選択肢を自分でなくしているとはいえ、ある意味彼女の行動は迷いがない。それがその当時の常識の一つであるわけだし。結婚後に蔑まれたりするのも自己責任と認識はしているよね。
 ただ、ヒーローが──彼は、彼女の望むことを全部叶えてあげたいとがんばってるんだけど、本当に望んでいたことを自分が奪ったとも思っているので、「そんなに世界を狭く見ないで」と言いたくても聞いてくれないだろう(・ω・`)ショボーンと思っている節があり、それがちょっとかわいそうだった。ヒロインよりも、あまり語られないヒーローの気持ちの方が切なくて、ラストの会話に涙しました。
 ところで、ウェストクリフ伯爵ってもしかして“やな奴”として描かれていたのかな。『悲しいほどときめいて』『もう一度あなたを』を先に読んだせいか、私はそんなふうに思えなかったけど。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ライムブックス ★★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫