Top Page › 読書の感想 › ローリー・フォスター › ◆『一瞬で恋して』ローリー・フォスター

2010 · 04 · 28 (Wed) 09:47

◆『一瞬で恋して』ローリー・フォスター

◆『一瞬で恋して』ローリー・フォスター(ハーレクイン)
 姉ハニーの結婚式のために、ミスティはケンタッキー州バックホーンへやってきた。一日早く着いた彼女を、一人で家にいたモーガンが出迎える。一瞬で惹かれあう二人だったが、ミスティは結婚式が終わり次第、ここから出て身の振り方を考えなくてはならない状況にあった。しかも、モーガンからは「早く出ていけ」とまで言われて──。("Morgan" by Lori Foster,2000)
・〈バックホーン・ブラザーズ〉シリーズ第2作

 長男の話『蜂蜜より甘く』に比べると、これはなかなかよかったです。特に、次男ヒーローのとっちらかりぶりが。シリーズ2作目なので、くどくど説明もなくて、すんなり二人のロマンスへ入れます。
 コワモテで住人の信頼厚い保安官であるヒーロー、仕切り屋だけど実は優しい、というやはり普通の人。婚約者に捨てられ、濡れ衣を着せられたヒロインに対しての庇護欲所有欲独占欲が一気に押し寄せ、いっぱいいっぱいになっている状況です。
 最初は好きな子をいじめる小学生のような態度だったくせに、家を出ていかせないと決心すると車が動かないように細工までする。それからはひたすら、いろいろと言葉を装飾していましたが、要するに「お願いだからやらせてくださいorz」と懇願(^^;)。顔を合わせるとそればっか言ってたなあ。
 小説を読む時はたいてい主人公たちに感情移入をするものですが、これは感情ダダ漏れヒーローを傍で見ている兄弟やヒロイン姉の立場になれたら楽しいだろうなあ、と思った。そっちの方が絶対に面白い。この観察日記は、ヒーロー死ぬまでネタにされるな。
 楽しい家族の思い出のような一編でございました。
(★★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント