09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『はじまりは嵐のように』B・J・マッコール

◆『はじまりは嵐のように』B・J・マッコール(ソフトバンク文庫)
 吹雪に閉じこめられた空港で、スミスとメレディスは出会った。スミスを偽名だと思ったメレディスはジョーンズと名乗り、情熱的な夜を過ごす。朝になり、彼女は彼を起こすこともなく、ホテルをあとにする。("Alias Smith And Jones" by B. J. McCall,1999)
・アンソロジー『シークレット はじまりは嵐のように』



 リサ・マリー・ライスの記事にコメントをいただいたら、彼女の作品が読みたくなってきた!
 再読でもいいんだけど、そうだ、アンソロジーに収録されてるのがあったな、と思い出して読み始めました。とはいえ、彼女のは最後。しかけがないとも限らないので、ちゃんと順番どおり読みますよ。
 最初の作品は、ごくオーソドックスなストーリー。HOTシーンは濃厚ですが、それ以外はロマンスの定番です。ヒーローとは一夜限り、と思ったヒロインですが、2ヶ月後に彼が上司として姿を現す。
 こういうのってすっごくおなじみ(゚Д゚)! とつい叫んじゃうくらい私は思うのですが(でも嫌いじゃない)、ハーレクインなんかだとそんなに読んでないような……。私のもう一つの趣味、オンライン小説のオフィスものには、定期的に現れるネタなんだけど。
 ひと目惚れしたヒロインを何とか口説き落とそうとするヒーローの話なんですが、ヒロインが恋愛に弱気になる理由がよくわからなかった。婚約者に裏切られた過去があるけど、それで男を「そんなもんだ」と決めつけるのは早すぎるのでは、と思いました。もう一つは言い訳っぽいしなあ。
 ヒーローはヒーローで一応事情が、あることはあるんだけど、それをもう少し前に持ってきて、ヒロインが拒否する理由の一つにすれば、物語の起伏をHOTシーンだけに頼らずにすんだんじゃないかなあ。ちょっともったいない。
(★★★)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ソフトバンク文庫 ★★★ アンソロジー

初めまして。

初めまして。
ブログ村でいつもお見かけして何度もお邪魔してましたが、コメントする勇気が出ずに、コソッと帰ってました。
今日はオンライン小説の文字に反応してしまいました。
三原さんもお好きなのですね。
私がハーレクインにハマッたきっかけがオンライン小説なもので、話題に出てつい嬉しくて。
いつも感想楽しみにしてます。
拝見しながら紹介されてる本を読みたくなったりもして参考にさせて頂いてます。
リサ・マリー・ライスはまだ真夜中シリーズしか読んでませんが、好きな作家さんです。
またお邪魔しますね。

ありがとうございます~

 コロネ様
 はじめまして。私もブログ村の方からお邪魔させていただいてました。実は、コロネさんがハーレクインにはまったきっかけを読んで、
「私とそっくり!」
 と思っていたのです。
 私もまずオンライン小説にはまって、バッドエンドのものを読んでしまい落ち込んた経験から、ハッピーエンドが保証されたハーレクインを読もうと思ったんです。
 そちらの記事にコメントしようかどうしようか、と迷っていたところでした(^^;)。すみません、私こそ勇気がなくて。
 オンライン小説は今でも大好きです。基本的に恋愛ものしか読まないんですけどね……。
 もしよろしければリンクなど──いかがでしょうか?

こんばんは。

な、なんと!
同じようなきっかけでハマッていたのですね~。
とても親近感が湧きました。
嬉しいです。
やっぱりハッピーエンドが一番ですよね。
今もオンライン小説は読む前に気をつけるようにしてます。
あと、ハッピーエンドでもあまりに辛い展開だったり、作者さんがハッピーエンドとしていてもハッピーとは言えなそうな終わり方の場合は私は苦手なので、そこも選ぶようにしてます。
リンクのお申し出、光栄です。
こちらこそ、お願いしたいです。
今とって返して、こちらからリンクさせて頂きました。
まだまだ記事数の少ない辺境ブログですが、これからもどうぞよろしくお願い致しますね。

よろしくお願いします~

 コロネ様
 さっそくこちらからもリンクを貼らせていただきました。ありがとうございますー。
 私も極力、小説検索サイトで「ハッピーエンド」とキーワードがついているもの以外は読まないようにしていたりします。心構えができたせいか、映画なんかだとどんな結末でも大丈夫になってきましたが、小説はまだちょっといけません(^^;)。微妙なハッピーエンドはけっこう好きなんですけど、辛い展開は私も挫折してしまったりします。
 いつかオンライン小説のお話なんかもしてみたいです(これも同好の士が周りにいないのでorz)。
 こちらこそこれからもよろしくお願いいたします~!
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫