Top Page › 読書の感想 › リタ・C・エストラーダ › ◆『夫買います』リタ・C・エストラーダ

2010 · 05 · 23 (Sun) 09:30

◆『夫買います』リタ・C・エストラーダ

◆『夫買います』リタ・C・エストラーダ(ハーレクイン)
 名家の跡取りである夫を亡くしたセーブルは、息子の養育権を巡って義父母と争う羽目に陥る。こちらが有利になるためには、夫が必要だ。ちゃんとした経歴と安定した職業、そしてまとまった資金を必要としている男性。セーブルは、夫の戦友だったジョーに白羽の矢を立て、結婚式当日に百万ドルを提供すると約束する。("To Buy A Groom" by Rita Clay Estrada,1990)

『ハーレクイン・リクエスト この結婚は偽物』の一編。
 身も蓋もないタイトルですが、原題どおりなのね(^^;)。
 それはさておき、お金の絡む契約結婚のお手本のようなお話。二人の間に横たわる百万ドルに邪魔されて、お互い素直になれない様が描かれます。
 ヒロインには息子の他、ティーンエイジャーの妹がいるんだけど、彼女が潤滑油になって、二人だけだと停滞しそうなところをうまく回していました。
 ただ、ヒロインの性格が少しつかみきれない気がしました。強いんだか弱いんだか。ヒーローに対しては、売り言葉に買い言葉でつい怒鳴ってしまうけど、基本的にはぐっとこらえてためこむタイプみたい。不器用な強がりなのかな? ヒーローもぶっきらぼうで言葉足らずで、不器用同士の恋愛はじれったい。妹がいなかったら、ほんとに動かないに違いない(^^;)。
 妙なライバルもいないし、義父母との争いもそんなギスギスしていない。奇をてらってないのは好感持てるのですが、残念ながらいまいち萌えず……orz なぜだ! 過去萌えた契約結婚話は何だ!?
 一番最初に思い出すのは、ジェシカ・スティールの『恋は立入禁止』だけど──お金がいかんのかしらね。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント