Top Page › 読書の感想 › サラ・モーガン › ◆『大富豪の醜聞』サラ・モーガン

2010 · 06 · 05 (Sat) 06:40

◆『大富豪の醜聞』サラ・モーガン

◆『大富豪の醜聞』サラ・モーガン(ハーレクイン)
 そのパーティーに現れた女性のことを、主催者の大富豪アンゲロスは知らなかった。謎めいたことばかりを言って名乗らない彼女に強く惹かれるが、のちに正体がわかった時、やはり女の目的はみんな同じだ、と思う。なるほど、僕がダメなら、父でもよかったというわけか。("Bought: The Greek's Innocent Virgin" by Sarah Morgan,2008)

 ヒロインのシャンタルはホテルの清掃係をしていて、その時ゴミ箱から拾ったチケットを使ってパーティーに潜り込む。自己評価の低い女の子です。ヒーローがその正反対、尊大で傲慢というのもお約束。
 女性不信気味のヒーローは、彼女を財産家狙いの女と誤解(写真とか見なかったの?(^^;))している間も、挙動不審なくらいメロメロです。ヒロインの競泳用水着に興奮してプール10往復とか、笑える(´∀`)。
 誤解はヒーローの我慢がきかなくて(^^;)、すぐに解けますが、そのあとはもう歯止めがきかない状態に。物で甘やかしたいのに全然受けつけてもらえなくて、イライラしているのがやっぱり笑える。
「醜聞」とタイトルにあるのに、あまりそういう要素はないなあ、と思っていたら、ラスト近くに出てきました。いろいろな意味で格好のネタになりそうではある。思ったより騒がれない可能性もあるけど、爆弾を抱えていることは確か、という効果的な秘密。
 ヒーローのお父さんがとてもいい人でよかったです。けなげに自分の居場所を探す孤独な女の子が幸せになる物語は、やっぱり好きだ。
(★★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

こんにちは。

こんにちは。
ブログ模様替えなさったのですね。
こちらも可愛らしくて素敵ですね。

私もこの作品好きです。
最初の誤解の部分は、まぁちょっと突っ込みたいところもありますけど、もっときちんと調べればすぐに分かったんじゃないのかな?とか。
でもそれを言ったら話が進まないですものね。
徹底的に何もいらないというヒロインが新鮮でしたね。
記念になる指輪くらいは受け取って欲しかったですけど。
三原さんの感想を拝見して、再読したくなりました。
2010-06-05-14:43

コロネ http://pub.ne.jp/hananira/URL [ 返信 * 編集 ]

ブルー系にしたかったんですが

 コロネ様
 あれ? 指輪は受け取ったような……夜店で買ったような奴なら(^^;)。
 彼女には、それで充分だったんでしょうね。でも多分、ヒーローは買ってあると思います。受け取ってもらえるようになったら、きっと渡すはず。

 ブログ、ほんとは季節に合わせたものにしたかったんですが、なかなかちょうどいいのがなくて、昔のお気に入りをまた使うことにしたのです。探せばあるんでしょうけど、たくさんあるので見切れない……orz
2010-06-05-15:20

三原白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]