Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › □『アイアンマン』

2010 · 06 · 10 (Thu) 22:29

□『アイアンマン』

『アイアンマン』“Iron Man”2008(Blu-ray)
 巨大軍事企業の社長であり、天才的な発明家であるトニー・スタークは、アフガニスタンで現地のゲリラに誘拐され、自社開発の新型ミサイルを作るよう強要される。彼は、捕虜の科学者インセン博士と協力し、ミサイルを作ると見せかけ、強力なアーマーを開発し、ゲリラのアジトから脱出。帰国したトニーは、記者会見で「軍事産業から手を引く」と宣言する。(監督:ジョン・ファヴロー 出演:ロバート・ダウニー・Jr、テレンス・ハワード、ジェフ・ブリッジス、グウィネス・パルトロウ他)

 来週から『アイアンマン2』が公開されるので、ブルーレイディスクにて視聴。劇場公開時には行けなかった……。
 いやー、面白かったー。すでに映画館で見ている家族と、おしゃべりやらツッコミやらしながら見ましたよ。モロモロの理由で日本語吹替版だったし。
 洞窟から初めてアーマーが現れた時には、
アルフォンスー(゚∀゚)!」
 しかし、離陸と着陸はキューピーちゃん。そして、オーラロードが開きそうなラスト(^^;)。
 主演のロバート・ダウニー・Jrは私と同世代なので、けっこういい歳です。Wikipediaによれば、最初は歳とりすぎてるから製作サイドにダメだしを食らったらしい。彼自身は原作のファンだそうで──やっぱりアメリカの男子というのは、いくつになってもアメコミヒーローを演りたいものなのかな、と思った。日本の男子(ただし50代以下)が、いくつになっても仮面ライダーになって「変身!」と言いたい、みたいな。
 ロマンス的には、これまたハードなプレイボーイの改心もの。金と才能と恵まれた容姿を持つ遊び人がゲリラに捕まり、命がけで脱出し、ようやくずっとそばで面倒見てくれていた秘書の魅力に気づくというベタベタな奴です(´∀`;)。しかし、おっさんであるというところはツボだ。何でも自分で作れるし、ご陽気でありながらも孤独という点も。ヒゲがいかにもうさんくさいけどね。
 明るい社長(暗い社長はブルース・ウェイン)の快進撃が楽しい一編でした。来週、楽しみだー!ヽ(´ω`)ノ

[6/11追記]
 Twitterには書いたのですが、秘書ペッパー役のグウィネス・パルトロウが『冬空に舞う堕天使と』のエヴィーのようでしたよ。赤毛っぽくて、そばかすがあって。
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント