Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2010) › □『アイアンマン2』

2010 · 06 · 16 (Wed) 19:32

□『アイアンマン2』

『アイアンマン2』“Iron Man 2”2010(6/12公開)
 自らがアイアンマンであることを公表した半年後、トニー・スタークは世界の紛争を鎮圧すべく活躍していたが、米国はアーマーを兵器とみなし引き渡しを望む。強固にそれを拒むトニーだったが、身体は動力源アーク・リアクターの副作用による毒素に冒されつつあった。一方、ロシアでは科学者のヴァンコが、父の遺した設計図を元に小型のアーク・リアクターを作り出し、スターク家への恨みを晴らそうとしていた。(監督:ジョン・ファヴロー 出演:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロウ、ドン・チードル、スカーレット・ヨハンソン、ミッキー・ローク他)

 社長、今回もがんばる。
 作品の出来としては前作の方がいいと思いますが、トニー──おっさんには今回の方が萌えました(´д`*)。
 派手派手で何をやっても様になる天才を表向き演じながら(天才は本当)、毒素に冒され死に近づいていることを秘書(恋人?)のペッパーに言う勇気もなく、妙にもじもじしているところが特に。ダメージを隠して苦悩する男に弱い私。
 敵役のミッキー・ロークがかなり老けていた──(・ω・`)。顔がずいぶん変わっていて、最初誰だかわからなかったくらいです。昔はほんとにほんとにかっこよかったですよ……。その頃を知っているって言うと歳がバレるな。
 でも、こういういろいろ荒んだ過去のあるおじさんたちのスクリーンで暴れ回っている様子は実に楽しそう。同世代とか、若い時好きだった俳優さんの復活は、何の関係もなくてもうれしい。重さはないけど安っぽくもなく、華やかで色っぽいトニーのキャラや爛れた迫力のあるミッキー・ロークの形相が全体をひっぱっているよ。確かに若造では出ない雰囲気かも。
 若い世代のスカーレット・ヨハンソンも、クールでかっこよかったですけどね(´∀`)。
 深く考えずに明るく見られる映画をお探しなら、ぜひ。あ、『アイアンマン』でもそうでしたが、エンドロールは最後まで見ましょうね。
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント