09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『愛だけが見えなくて』ルーシー・モンロー

◆『愛だけが見えなくて』ルーシー・モンロー(ハーレクイン)
 パリでモデルとして活躍しているアレクサンドラは、恋人のギリシア人富豪ディミトリから「別の女性と結婚する」と別れを告げられた。彼の子供を妊娠していると告げても、「僕の子供のはずがない」と信じてくれない。それでも一縷の望みを持って連絡を待っていたが、やってきたのは不動産会社の人間。彼女は強制的にアパートから追い出された。("The Billionaire's Pregnant Mistress" by Lucy Monroe,2003)



 原題、味も素っ気もない(^^;)……。
 それはさておき、このあらすじ(裏表紙のとは違います)。かなりひどいと思いません!? この間読んだのにも、別れ話を電話で、とかありましたが、第三者に追い出されるというのも屈辱だよね。ここまでしたんだから、よりを戻そうとしたら土下座で、と私なんか思ってしまうけど、このヒーローは「そうさせたのはお前のせいだ」と言わんばかり。
 どっちが悪いか、という点から見れば、お互い言葉足らずで両方悪いってことになるんですが、妊婦を住んでいるところから追い出す、という点だけ見れば、ヒーローが悪い。そりゃその時は「別の男の子供を!」と怒り狂っていたんでしょうが、あとからでもそれだけはまず謝らなきゃダメだと思うんだよねえ。身体に負担がかかったろう、とかさあ。
 でも、基本的にルーシー・モンローのヒロインは、ヒーローに甘い。欲望に流されるというより、甘いのです。優しいとも言えるけど。怒ってても、「しょうがないなあ」みたいな感じで許しちゃう。それに図に乗る奴もいれば、打ちのめされる奴もいる、という違いかなあ。私は、ヒロインたちのこのお母さん的な優しさが割と好きなので、ヒーローが打ちのめされるとものすごく楽しんで読めます。
 この作品のヒーローは、ちょっと図に乗ってたな(-_-#)。あんな仕打ちをしたのに、「結婚すれば、万事解決だよね!」みたいな態度をどうして取れるのか。だいたい最初の段階で、
「お前が結婚しなかったら心臓の手術しない」
 という祖父のわがままに、
「つきあってる女性がいる」
 とでも言えばいいのに。別に祖父は「俺の決めた子じゃないとダメ」なんて言ってないんだから、「あ、いるの? それならそれでOK」となったはずなのに。
 見た目が貞淑そうだから浮気をしないとか、そんなのあてにならないってわかんないのかな、こいつらは。誰を選んだってリスクが同じなら、ヒロインはせめて自分の愛している人を選ぼうとかって発想になるけど、ヒーローは弱みを見せたくないとか、そういうしょーもないプライドが邪魔するのか、すっとんきょうな方へ行くよね。しかも逃げ道を探りながら。
 お互いに素直になっていれば特に問題なくラブラブになれたのに、ややこしい回り道をした二人──って、ハーレはだいたいそういう話だけどね(^^;)。
(★★★)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫