09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『令嬢レジーナの決断』ジョアンナ・リンジー

●『令嬢レジーナの決断』ジョアンナ・リンジー(ヴィレッジブックス)
 1817年ロンドン。名家マロリー家の四人兄弟は、亡き妹の娘レジーナを溺愛し、彼女の花婿候補にことごとくダメ出しをしていた。ところが、思わぬ出来事から社交界の放蕩者として名高いモンティース子爵ニコラスとの結婚が決まる。レジーナはそれを喜んだが、彼には拒まなければならない理由があった。("Love Only Once" by Johanna Lindsey,1985)
・〈華麗なるマロリー一族〉シリーズ第1作



 面白かったんですが、困ったことにヒーローが好き嫌い入り交じるタイプで……評価に迷う(´д`;)。
 ヒロインは大変いいです。外見の美しさを裏切る気っ風と思い切りのよさがあり、度胸や冒険心もたっぷり。勝ち気な分、プライドも高くやや傲慢だけど強い意志の持ち主で、ヒーローより何倍も男前です。彼への愛は揺るぎなく、そのことは結婚前にきっぱりと表明しています。
 それにひきかえ、ヒーローがダメなこと。もうほんとダメダメ。庶子であることを義母から責められ続けて恥じ入っているのも、そんな恥をヒロインに負わせたくない、自分は彼女にふさわしくない、と思うのもいい。ここら辺はむしろ好きなタイプなんだけど、ヘタレすぎ。彼女を拒否する理由を打ち明けられなくて、結婚後すぐに外国へ逃げてしまう。
 逃げる男は大嫌い(`Д´)。ヘタレのくせにしょーもないプライドばっか高くなりやがって、生意気なんだよっ! そんなこと、ヒロインが気にするはずないだろ!? 見くびるんじゃないよ!
 ──おかしいなあ、私はヘタレな男が好きだったはずなんだけど……orz 海外ロマンスのヘタレ男は、どうして腹が立つばかりで萌えないんだろう。日本人男はヘタレがデフォルトだからだろうか(^^;)。ヘタレという自覚もあるからかな。ただでさえヘタレているのなら、せめて「逃げない」という選択はしよう、ぐらいの心構えはありそう。ネガティブな方向性かもしれないけど、普段自信満々に振る舞ってて、いざとなるとプライド捨てる勇気もなく逃げちゃう男よりずっといいかも。
 そこらが欧米ヘタレ男のダメなところなんだろうな……。
 ヒーローヒロインどちらであろうと、プライドというのが障害になるってパターンは、少しだけ嫌いだ。苦手ではないけど、ちょっぴりいやな気分になる。イライラするし、読んでてたまに切れそうになるもんで(^^;)。
 今回も、ヘタレヒーローの持つのは百年早い生意気なプライドのせいで、めっちゃくちゃイライラしました。でも、面白かったんだよねえ……。ほんと困るわ、こういう小説は……orz
(★★★★)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル ヴィレッジブックス ★★★★ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫